英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

木材は電池の材料になるのか? Can wood work to make batteries?

今回の記事は「木材は電池の材料になるのか?」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

The wood industry is looking for ways to solve this problem.


木材業界では、この問題を解決する方法が模索されています。


 ボキャブラリー

digitizationnounデジタル化;デジタル処理
graphitenounグラファイト;石墨
renewableadj再生可能な;自然過程で置き換えることが可能な
extractionnoun別に努力または力を利用して何かを抽出すること
figure outphrasal verb~を解決する;~を理解する

 日本語訳

デジタル化の影響で紙の使用量が激減している。木材業界では、この問題を解決する方法が模索されている。

電気自動車への移行が急速に進む中、木材パルプは電池の材料という新たな用途を見出した。木材に含まれる化学エネルギーが熱や電気に変わることは、以前から知られている。しかし、ヨーロッパの企業数社は、そこからさらに一歩進んで、木材から電池を作ろうとしているのだ。

フィンランドのStora Enso社は「世界最大の個人森林所有者」、スウェーデンのNorthvolt社は電池の製造会社だ。彼らは、木の30%を占めるリグニンに資金を投入している。再生可能な最大の炭素源の一つで、携帯電話や電気自動車の電池を作るのに最適な素材だ。

両社はすでにリグニンから硬質炭素を製造しており、これを電池の負極に使用する予定でいる。Stora Enso社が「Lignode」と呼ばれるこのハードカーボンを提供し、Northvolt社が電池の設計と製造方法の検討を行う予定だ。

木材パルプから電池を作るという発想は、今のやり方よりもずっと環境にいい。例えば、リチウムイオン電池を作るには、採掘や抽出の工程があり、環境に負荷を与える。例えば、電池に使われるグラファイトを作るには、化石燃料を使って炭素を3000度まで熱する必要があり、公害を増やしている。

しかし、Lignodeが本当に持続可能であるためには、メーカーは他の産業(紙やパッケージなど)から出る余った木材パルプから作る必要がある。これ以上、木が伐採されるのは避けたいところだ。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。