英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

仮想世界が現実世界におよぼす実害 Real-world harm of the virtual world

今回の記事は「仮想世界が現実世界におよぼす実害」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Her story, along with many research studies and documented cases of harm to kids, has made parents stand up for their kids even more.



彼女の話は、多くの調査研究、子供に害を及ぼす文書化された事例とともに、親たちをさらに立ち上がらせている。


 ボキャブラリー

algorithmnounアルゴリズム
insomnianoun不眠症
harmfuladj害を及ぼす、害になる ためにならない。
immunitynoun義務などの免除、免責
anxietynoun不安の種、心配事

 日本語訳

"私たちの子供時代は、とても違っていた...違う世界で生きていた"これはどの時代にも言えることかもしれません。

昔は親が子供にソーシャルメディアにハマっていることを話して、それで終わりでした。しかし今では、不安や不眠、食生活の乱れ、うつ病などの問題を、Meta、TikTok、Snap、Googleといった企業のせいにするために、裁判を起こすようになっているのです。今年に入ってから起こされたこれらの企業に対する訴訟のうち、少なくとも10%は親が始めたものです。

メタ社の元社員で「内部告発者」であるフランシス・ハウゲンは、2021年10月に議会で "フェイスブックは利益を上げるためにわざと若者の心を利用した "と述べた。 彼女の話は、多くの調査研究や子供に危害を加えた事例の文書化とともに、親たちをさらに立ち上がらせている。

訴訟のほとんどは、ハウゲンが18歳未満にとって「タバコのようなもの」だと言うInstagramに対して起こされている。

230条は25年前からある連邦法で、ユーザーが投稿した悪質なコンテンツから身を守るために、ハイテク企業が何年も前から利用してきた。しかし、今回の訴訟はユーザーの投稿を追及するのではなく、「有害な」コンテンツの作成を支援するアルゴリズムを追及するものだ。これによって、免責法を回避することができる。

米国の各州では、ソーシャルメディア中毒を助長したとして、親がインターネット企業を訴えることを可能にする新しい法律が導入されている。

親は、子どもがソーシャルメディアに依存することによる弊害を認識する必要があります。ソーシャルメディアが原因で命を落としたケース(コネティカット州の11歳の少女を含む)もある。新しい法律がこうした事件を防ぐことになるのでしょうか。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。