英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

B2B企業もインフルエンサーゲームに参加 B2B companies join the influencer game

今回の記事は「B2B企業もインフルエンサーゲームに参加」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

B2B influencers are a minor portion of the influencer market, but they're expanding as established firms opt for influencer marketing.


B2Bインフルエンサーはインフルエンサー市場の中では少数派だが、既存企業がインフルエンサーマーケティングを選択していることで、拡大しつつある。


 ボキャブラリー

browse verbインターネット上の情報を閲覧(ブラウズ)する **本来は、本・雑誌などをざっと見る、拾い読みする、という意味
brand awarenessnounブランドの知名度
impulse buynoun衝動買い
sparkverb火付け役となる
optverb選択する

 日本語訳

YouTubeやTikTokを閲覧すれば、美容、ファッション、旅行、食品などの商品をフォロワーに売ろうとしている多くのインフルエンサーを見つける事ができる。これは、B2Cソーシャルメディア・マーケティングである。一方、企業がソーシャルメディアのインフルエンサーを使って、自社や自社製品を他の企業に宣伝するビジネスモデルは、新しいトレンドとなっている。

B2BマーケティングはCOVID-19の大流行で火がついた。2020年のソーシャルメディアのプレゼンスは、パンデミック前のそれより44%も高かった。Bernard Marrは、200万人以上のソーシャルメディアのフォロワーを持ち、IBM、マイクロソフト、グーグル等の企業を他の企業に宣伝している(売り込む)。

ニューヨークを拠点とする広告、マーケティング、PRエージェンシーのOgilvy PRは、企業顧客のブランド認知、関係、ビジネスの拡大を支援する新しいビジネス・インフルエンス・サービスを発表した。VodafoneとSamsungはOgilvyと組んで、インフルエンサーを通じた販売活動を行っている。

Bloombergによると、B2BのインフルエンサーはB2Cのインフルエンサーより10%~20%コストがかかる。B2Cのプロモーションは、消費者が衝動買いするため、すぐに売上につながるが、B2Bのプロモーションは時間がかかるのだ。企業の意思決定者にインフルエンサーの会社を選ぶように説得する必要があるからだ。Bloombergによると、LinkedInにはB2Bインフルエンサーである「クリエイティブ」ユーザーが144,000人以上いると推定されている。

B2Bマーケティングは、TikTokやYouTubeのB2C広告とは異なる。彼らは、クラウドコンピューティングやインターネットセキュリティなどについて議論すること(売り込むこと)で、相手企業を支援するのだ。B2Bインフルエンサーはインフルエンサー市場の中では少数派だが、既存企業がインフルエンサーマーケティングを選択していることで、拡大しつつある。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。