英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

ゼロ・トラスト、サイバーセキュリティの新しいマントラ Zero trust, new mantra for cybersecurity

今回の記事は「ゼロ・トラスト、サイバーセキュリティの新しいマントラ」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

These days, it's the preferred method for cloud-based services.


最近では、クラウドベースのサービスではこの方式が好まれています。


 ボキャブラリー

compromise verb「譲歩、妥協」という意味で使われる。セキュリティーシステムに不正アクセスする、という意味もある。
mantranoun無意識に何度も口にする、信念や主張
verifyverb確認する、点検する
data breachnounデータ(情報)
implementverb実行に移す

 日本語訳


パートナーシップとは、信頼に基づいた人間関係のようなものだと言えるでしょう。最近まで、データ共有は「信頼と検証」というアプローチに基づいていました。サイバーセキュリティでは、新しいマントラは「決して信用せず、常に検証する」ことです。

データ漏洩の可能性が高まる中、サイバーセキュリティの専門家は、データをより適切に管理するために、このゼロトラスト構造を採用するよう企業に助言しています。信頼度ゼロの企業は、特定のプログラムやサービスへのアクセスを制限し、その他のデータを非公開にする傾向があります。

しかし、ゼロトラストはどのようにして生まれたのでしょうか。また、ゼロトラストは企業のデータセキュリティ向上にどのように役立つのでしょうか。

Stephen Marshは、1994年のコンピュータ・セキュリティに関する論文でこの名前を使用しています。John Kindervagは、その15年後に、より優れたサイバーセキュリティシステムとアクセスコントロールの必要性について述べています。当然のことながら、GoogleはBeyondCorpと呼ばれるゼロトラストアーキテクチャを確立した最初の企業の1つであり、社内外のネットワークを「信頼できないもの」として扱うことでサービスへのアクセスを制限しています。

ゼロトラストが普及したのは、モバイルやクラウドサービスのおかげで3年前からです。最近では、クラウドベースのサービスではこの方式が好まれています。

認証がなければ、データの権限やアクセスは許可されない。簡単なことのように聞こえますが、ゼロトラストを完全に導入している企業はわずか21%にすぎません。しかし、ゼロトラストは、企業が脅威を認識するのを最小限に抑えるための最良の機会を提供します。

従業員は常に自分の身元を証明しなければならない。これは一般的ではないかもしれませんが、信頼を超えるセキュリティを提供するために必要なことなのです。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。