英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

61カ国が「インターネットの未来に向けた宣言」に署名 61 countries sign the Declaration for the Future of the Internet

今回の記事は「61カ国が「インターネットの未来に向けた宣言」に署名」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

They have to see if they can go from talking the talk to walking the talk, or not.


彼らは、口先だけになるか、そうでないか(実行に移せるか)を見極めなければならないのです。


 ボキャブラリー

grappleverb問題などに取り組む
namelyadvすなわち、はっきり言うと
fosterverb活動やアイデアなど、何かを育てるということは、それが発展するのを助けるということです。
notableadjとても優れているため、重要であり、注目に値する。目立った、有名な
empty promisesnoun空約束をする

 日本語訳

世界は多くの技術的な課題に取り組んでいます。

世界がビッグ・テックの覇権に終止符を打つべく Web 3.0 に向かって疾走する一方で、多くの国々がデジタル権威主義の拡大という独自のデジタル・デビル(悪魔)に立ち向かっている。インターネットの検閲やブロッキングは多くの国で日常化し、民主主義的な規範や言論の自由を損なっている。今こそ、ウェブの未来を定義する時です。ついに、ほとんどの先進国が「インターネットの未来のための宣言」に署名した。

この協定によれば、"真にオープンで、競争を支援する "単一のグローバルなインターネットは、"真にオープンで、プライバシーと人権の尊重を促進する "ものである。すべての締約国は、情報の自由な流れ、安価な接続、人権、プライバシーを支持することを誓った。この宣言は執筆に1年を要したが、その大きな目的を果たすことができれば、意義のあるものとなるだろう。

ロシアと中国は、インターネットを制限し、自国の国民に独自の議題を押し付けようとしており、署名者のリストから欠落しているのが目立ちます。意外なことに、世界最大の民主主義国であるインドが欠落している。インドはこの協定への署名を拒否しているため、多くのインターネット遮断や、反体制的なツイートに対する逮捕者までが浮き彫りになっています。しかし、ホワイトハウスが指摘するように、"インドが参加する希望はまだある"。

宣言は紙面ではよく見えるが、空約束に過ぎないという人もいる。署名すれば、何もしなくていいのです。個人情報が収集されたり、プロファイリングされたりするのを止めるために、何もしないのです。Brad Smithのブログを読むと、人権と自由なインターネットが危機に瀕している今、この宣言はまさに必要なものだと言っています。この宣言は、インターネットの未来について語り、そこに到達するための計画を提示しています。彼らは、口先だけから口先だけになるか、そうでないかを見極めなければならないのです。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。