英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

自然からの光、生命そのものからの光 Lights from nature, from life itself

今回の記事は「自然からの光、生命そのものからの光」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Glowee, the French startup behind the project, will soon light up the town.


このプロジェクトを推進するフランスのスタートアップ企業Glowee社は、まもなくこの町を照らすことになる。


 ボキャブラリー

quadrupleadj4倍の、四重の
eerieadj雰囲気が不気味な、薄気味悪い
fungusnoun腐敗物から餌を得る様々な種類の生物のいずれか。真菌、菌類
flurrynoun圧倒的な数、量、
luminousadj〔暗闇の中で物が〕発光する

 日本語訳

パリから南西に数マイル離れたフランスのランブイエでは、そのような最初の試みの1つが進行中である。この町の予防接種センター「Covid-19」では、円筒形のチューブが一列に並び、柔らかなブルーの光を放っている。電気やソーラーパネルではなく、塩水と発光バクテリアで点灯する「チューブライト」。消灯は、空気の供給を止めるだけでバクテリアの発光を停止させることができる。

ホタルや菌類、魚類の多くはこのように周囲を照らす能力を持っています。海の中の生物の76%がこの能力を持っているそうです。ランブイエの実験が成功すれば、バクテリアに餌をやる以外のエネルギーを使わない照明ができるかもしれない。このプロジェクトを推進するフランスのスタートアップ企業Glowee社は、まもなくこの町を照らすことになる。同じコンセプトは、パリのロワシー・シャルル・ド・ゴール空港など、他のフランスの空港でも使われている。アメリカの2社も、植物の輝きを高めるために生物発光キノコを利用している。

話は続く。観光客も生物発光を発見している。2020年以降、この不気味な光に関するインターネット検索は4倍になっている。だから、Next VacayやOuter Shores Expeditionsなどの旅行会社が、"生物発光の季節 "に観光客向けのパッケージを作ったのは当然のことだ。写真家たちは、ニュージーランドの沖合で光る生物の「この世のものとは思えない」画像を撮影し、最近のニューズウィークやガーディアンの記事で報じられている。

もし、生物自身が、彼らの自然な発光能力に対する関心の高さを知っていたら......。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。