英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

エネルギーを求め空高く飛べ! Flying high for energy

今回の記事は「エネルギーを求め空高く飛べ!」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Airborne systems could be the next big bet for wind energy because the higher you go, the faster the wind is.


空中システムは、風力発電の次の大きな賭けになるかもしれません。というのも、地上から離れれば離れるほど、風速は大きくなるからです。


 ボキャブラリー

householdnoun一家、世帯、所帯
untappedadj資源・市場・能力などが未開発の
maximizeverb極限まで増す、最大化する、極大化する
renewable energynoun再生可能エネルギー。太陽、風、潮、波などの自然資源から得られるエネルギーで、天然資源を枯渇させたり、生態系に深刻なダメージを与えることなく利用できる形態
utilizeverb活用する、役立たせる

 日本語訳

より持続可能なエネルギーを求めて、風力発電機はより一般的になっていくでしょう。しかし、一部の企業や学術機関は、従来の風力発電機が生み出すエネルギーの4倍以上ものエネルギーを生み出すことができる新しいアプローチに取り組んでいます。その方法とは、凧を揚げることです。

インド洋に浮かぶモーリシャスは、白い砂浜があることで有名です。しかし、その上空に新しい訪問者がやってきました。地上400mを超える高さに浮かぶ大きな凧です。その使命は、観光客を誘致することではなく、この島国の50世帯以上に電力を供給することです。この "空中風力発電 "を手がけるのは、ハンブルクのスカイセイルズ・パワー社です。

この「カイトパワー」は、凧と地上のモーターを糸でつないでいます。モーターは糸を引っ張ることで凧の飛行経路を制御し、8の字を描くように凧を飛行させます。8の字を描く飛行が凧の牽引力を最大化し、つまりは生み出されるエネルギー量も最大にします。

モーリシャスでは、これらの凧の多くを送電網に接続する計画が立っています。スカイセイルズの最大の凧は約2,000平方フィート(約12.5平方メートル)ですが、同社はこれをさらに大きくし、数百世帯に電力を供給することを望んでいます。

空中システムは、風力発電の次の大きな賭けになるかもしれません。というのも、地上から離れれば離れるほど、風速は大きくなるからです。

凧を使った発電はスカイセイルズ・パワーだけでなく、オランダのカイトパワー社、ノルウェーのカイトミル社も手掛けています。これらの企業が風力発電の新境地の開拓に成功すれば、最大の未開拓再生可能エネルギーが活用されることになるかもしれません。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。