英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

さようなら有鉛ガソリン! Goodbye leaded gasoline!

今回の記事は「さようなら有鉛ガソリン!」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

It is a step in the right direction to protect humankind and the environment from harmful fuels.


有害な燃料から人類と環境を守るための正しい方向への一歩です。


 ボキャブラリー

contactnoun接触、触れ合い。二人が接触すること
seizurenoun押収。急襲、突然の攻撃
poisonousadj有毒な。吸収されると怪我や死を引き起こす有毒物質を生成する
rejectverb拒絶する、拒否する。信じる、受け入れる、または考慮することを拒否すること
stocknoun倉庫に貯蔵され、後で使用できる品物

 日本語訳

有鉛ガソリンは、地球上で最も有害な製品の1つである。1922年にゼネラルモーターズの研究所で発明され、車の速度を上げるために使用された。1970年代までに、ほとんどすべての車が有鉛ガソリンを使用していた。しかし、その後、科学の世界は鉛の有害な影響を確認した。鉛との接触は、脳の損傷、発作、心臓の問題などを引き起こす可能性があり、鉛との高レベルの接触は、昏睡や死に至る可能性がある。

環境保護庁は1996年に有鉛ガソリンの使用を禁止した。2000年までに、日本、中国、インド、およびヨーロッパ全体でも有鉛ガソリンの使用が停止された。しかし、2002年、国連(UN)は、現在でも約117か国が有鉛ガソリンを使用していることに気付いた。そこで、クリーン燃料と車両のためのパートナーシップと呼ばれるプログラムを開始した。間もなく、国連はサハラ以南の25か国でこの有害な燃料の使用を停止することができた。中東では、在庫が多かったため、有鉛ガソリンの排除が遅れていた。

しかし、2016年までに、アルジェリア、イエメン、イラクだけが有鉛ガソリンを使用していた。そしてすぐに、まだ有毒な製品を使用していたアルジェリアだけの一国になった。ついに2021年8月、アルジェリアは有鉛ガソリンの販売を停止した。

国連は最近、世界に有鉛ガソリンがないことを発表した。これは大きな勝利と見なされている。人類と環境を有害な燃料から守ることは正しい方向への第一歩である。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。