英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

惑星防衛のための望遠鏡 A telescope for planetary defense

今回の記事は「惑星防衛のための望遠鏡」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Till date, NASA has found 40% of the objects within its range.


今日まで、NASAはその範囲内の物体の40%を発見した。


 ボキャブラリー

spotverb見つける、発見する、目撃する。誰かまたは何かを見たり気づいたりする
emitverb放射する。何かを空気中に送ること、特にガス、光、または熱など
detectverb見つける、発見する。何かの存在を発見または見つけること
fataladj致命的な
discoververb発見する。それまで知らなかった何かを見つける

 日本語訳

最近、ほとんどの宇宙関連のニュースは、ジェフ・ベゾス氏が宇宙に飛び立つか、スペースXの新しい開発のいずれかである。しかし、宇宙開発競争を除いて、私たちは、地球に接近する危険な小惑星と彗星を見つける力を持つ新しい宇宙望遠鏡をまもなく手に入れるだろう。

この望遠鏡は、地球近傍天体測量宇宙望遠鏡またはNEOサーベイヤーと呼ばれ、現在NASAによって製造が承認されている。天文学者が地球の軌道から3,000万マイル以内に来る小惑星や彗星を探すのを助けることによって惑星防衛を強化するのは長さ20フィートの赤外線望遠鏡である。この望遠鏡は、これらの物体が赤外線で放出する熱を拾うことによって小惑星を探す。これは、天文学者がNEO(地球近傍天体)の位置、動き、大きさを検出するのに役立つ。

NEOサーベイヤーは、NASAが地球にとって致命的な天体を発見する速度を上げることができる。この望遠鏡は、通常幅140メートル以上で開始してから10年の宇宙物体の約90%を発見するように設計されている。

2010年に、NASAは、大きさが1,000メートルを超える多くの地球近傍天体を見つけることに成功した。今日まで、NASAはその範囲内の物体の40%を発見した。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。