英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

物々交換術、糸の切れ端から家まで! Art of barter: From a piece of thread to a house!

今回の記事は「物々交換術、糸の切れ端から家まで!」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

The three-story building is now free to live in for anyone who is willing to barter something in exchange.


その3階建ての建物は、物々交換を希望する人なら誰でも自由に住むことができる。


 ボキャブラリー

barterverb物々交換。お金を使わずに商品を取引すること
rope inphrasal verb誘い込む。誰かに何かをするよう説得する
campaignnounキャンペーン、宣伝活動。一定の結果を出すように考えられた一連の活動
homemakernoun家事をつかさどる人。家のことを管理する人
worthyadj立派な。指定された行動または注視する性質を持っている、もしくは示す

 日本語訳

物々交換は最も古い取引手法の1つだが、現代の世界ではめったに使用されない。しかし、ある非営利団体は、一見不可能な物々交換取引を達成した。それは、糸を本物の家と交換することである。

みらくるグループの代表者である吉村大作は、赤い糸(1ドル未満の価値)から始め、一連の物々交換を行い、最終的に3階建ての家になった。彼のキャンペーンは、人々に社会への寄付と貢献を呼びかけ、その過程を楽しめるようになっている。

吉村氏は当初は肯定的な反応を得なかったが、鹿児島県のコーヒー豆専門店に、糸と引き換えに3セットのアマビエコーヒーを交換させることを同意させた。このコーヒーは、吉村氏が東京の漫画制作会社でオリジナルの漫画を制作する権利を獲得するのに役立った。他にも色々な取引があり、主婦の原さよこ氏が吉村氏に家賃無料で家を提供したところ、最終的な取引が成立した。その3階建ての建物は、物々交換を希望する人なら誰でも自由に住むことができる。

ユニークな物々交換案は、大きな社会的影響も及ぼした。糸からコーヒーバッグ、色鉛筆、100組の反射音技術イヤホン、西武ライオンズの野球ユニフォームまで、物々交換されたすべての物は、それぞれの所有者から価値ある目的のために寄贈された。

 参考動画

Barterは、他でも使われているのですね!

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。