英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

水素を動力源とする民間航空機は普及するか Is it time for hydrogen-powered commercial planes?

今回の記事は「水素を動力源とする民間航空機は普及するか」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

A more practical option is to use hydrogen fuel cells to power passenger planes.


より実用的な選択肢は、旅客機の動力源として水素燃料電池を使用することです。


 ボキャブラリー

circuitnoun一周、巡行。同じ場所で開始および終了するほぼ円形のルートまたは移動
practicaladj実際的な、実用的な。実情や状況に関連している
scale upphrasal verb拡大、スケールアップ。増やす、または拡大する
conceptnoun概念、コンセプト。新しいなにかについてのアイデア
deadlinenoun締切。何かをしなければならない特定の時間または日付

 日本語訳

世界の二酸化炭素排出量に大きく貢献しているのが飛行機です。グリーン」な燃料を求めて、これまでにいくつかの電気飛行機が開発されてきましたが、ほとんどのバッテリーは重くて旅客機には使えませんでした。より実用的な選択肢は、旅客機の動力源として水素燃料電池を使用することです。

ゼロビア社は最近、世界初の水素燃料電池を搭載した商業用航空機の飛行をテストした。6人乗りのこの飛行機は、クランフィールド(イギリス)にある同社の研究開発施設から離陸し、着陸前に一周を終えた。ゼロビアによると、2023年までに10~20人乗り、2030年までに50~100人乗り、2040年までに航続距離3450マイルの200人乗りの飛行機を就航させることが可能だという。

2016年に開発された4人乗りの「HY4」のように、水素を動力とする飛行機はこれまでにもいくつか先に開発されている。しかし、水素燃料電池を搭載した商用グレードの飛行機をテストしたのは、ZeroAviaが初めてだ。

一方、エアバスは水素を動力源とする「ゼロエミッション」飛行機の3つのコンセプトを発表している。航空宇宙大手のエアバスは、同機の発売期限を2035年に設定している。エアバスは、3つの飛行機すべてがゼロエミッションになることから、この飛行機を「ZERO-e」と名付けた。

水素を動力源とする飛行機のアイデアは非常に新しいが、燃料電池技術を使用したいくつかの陸用自動車(自動車や鉄道を含む)はすでに使用されている。その中で最新のものが、欧州企業アルストム社が開発した「コラディア・アイリント」である。最高速度は時速87マイルで、「蒸気と水だけを排出する」というものです。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。