英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

別世界、現実それともタブロイド思考 Parallel universe: Reality or tabloid journalism?

今回の記事は「別世界、現実それともタブロイド思考」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Therefore, we must wait for more decisive evidence to decide one way or the other.


したがって、私たちはどちらかはっきりさせるためのより決定的な証拠を待つ必要がある。


 ボキャブラリー

spotverb見つける、発見する、目撃する。(誰かまたは何かを)見る、気付く、認める
theorynoun理論。何かを説明するための概念
notionnoun考え、概念。人またはグループによって持たれている理論または信念
imaginationnoun想像、想像力。心に絵を形成する能力
detectverb見つける、発見する。何かの存在を発見または見つけること

 日本語訳

4月のニューサイエンティストのレポートの見出しは、「時を遡るパラレルユニバース(別世界)を発見か」だった。他の多くのニュースストリームがその話を取り上げた。最近その理論は疑問視されており、結果として、パラレルユニバースが存在するという結論に飛びつくには証拠が不十分であるという、よりバランスの取れた見方になっている。

パラレルユニバースの理論は、南極非連続過渡事象アンテナ(Antarctic Impulsive Transient Antenna: ANITA)と呼ばれる南極大陸の科学的研究と関係がある。そのアンテナの目的は宇宙からの「ニュートリノ」と呼ばれる高エネルギー粒子を探知することである。数年前、ANITAはそのような粒子を検出したが、それらは宇宙からではなく地球の表面から来ていた。物理学ではこの奇妙な出来事を説明できなかった。それが私たちと同じようなパラレルユニバースが存在し、そのパラレルユニバースは時間を遡っているという理論につながった。

パラレルユニバースの概念は非常に刺激的で、想像力をかき立てる。これは特に、このアイデアがSFで繰り返し使用されているからだ。しかし、カール・セーガンが何年も前に言ったように、「異常な主張には異常な証拠が必要である」。したがって、私たちはどちらかはっきりさせるためのより決定的な証拠を待つ必要がある。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。