英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

ナイジェリアのトマト物語を書き直すトマトジョス Tomato Jos: Rewriting the tomato story in Nigeria

今回の記事は「ナイジェリアのトマト物語を書き直すトマトジョス」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

 本日のSentence

Consequently, the country is forced to import the fruit to meet domestic requirements.


その結果、ナイジェリアは国内の需要を満たすためにトマトを輸入することを余儀なくされている。

 ボキャブラリー

sincere adj 偽りのない、率直な。正直な
distribution noun 流通、配分、配給。特に小売店などに商品を販売したり、供給したりするプロセス
yield noun 利回り。生産される何かの量
optimum adj 最適。最も好ましいまたは望ましい、理想的
harvest noun 収穫する、取り入れる。将来に使用するために、集めるまたは獲得する

 日本語訳

ナイジェリアはアフリカで2番目に大きなトマト生産者だが、その生産物のほぼ半分は廃棄されている。その結果、ナイジェリアは国内の需要を満たすためにトマトを輸入することを余儀なくされている。創業6年の農産物加工会社トマトジョスは、効率的な加工、保管、流通システムの導入に真摯に取り組み、その状況を変えている。

トマトジョスはナイジェリアの首都アブジャから190 km離れたカドゥナに拠点を置き、小規模農家が収穫量を増やし、収穫後の損失を減らし、販売から最適な利益を得られるよう支援してきた。これまでのところ、同社は70人以上の農家が平均収穫高を1ヘクタールあたり5トンから22トンに340%増加させることを可能にしている。

創立者兼CEOのミラ・メータが率いるトマトジョスは、投資家グループの支援を受けて420万ドルを調達した。オランダのベンチャーキャピタル会社グッドウェルインベストメント、ナイジェリアの投資管理会社アリシアキャピタル、カナダの投資会社アキュメンキャピタルパートナーズ、米国を拠点とするベストテッドワールドなどが含まれまる。

資金調達ラウンドは、同社がトマト製品の処理と流通に移行し、需要と供給のギャップを減らすのに役立つ。資金は、毎日24トンのトマトペーストを生産できる点滴灌漑システムと処理プラントの設置に使用される。

2,600ヘクタール以上の土地で何千人もの農家と協力して、トマトジョスは地域経済に100万ドル以上の年間収入を生み出すことを目指している。それは、トマトペーストの生産で自給自足を達成しようとしている国にとって大きな後押しになるだろう。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。