英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

変なケーキで生き残るフィンランドのベーカリー Strange cake keeps Finnish bakery afloat

今回の記事は「変なケーキで生き残るフィンランドのベーカリー」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

 本日のSentence

Most importantly, the fast-thinking bakery saved the business as well as many jobs.


最も重要なのは、頭の回転が速いベーカリーが事業と多くの雇用を救ったことである。

 ボキャブラリー

ruin noun 破産させる、だめにする、を滅ぼす。完全な損失
stir noun 強く動かす、引き起こす。動揺、かくらん
desperate adj 必死の、見込みのない。非常に必要としている、命がけの
viral adj 口コミで素早く広がる、バイラルの。インターネットユーザーの口コミによって急速に普及すること、
incident noun 事件。とくに暴力、犯罪、危険な出来事など何かが起こること

 日本語訳

多くの企業と同様に、ベーカリーはCOVID-19がヨーロッパを襲った3月に一連のキャンセルに対処する必要があった。一部にとって、それは道の終わりだった。しかし、フィンランドのあるベーカリーは、注文を取り戻すだけでなく、ソーシャルメディアにも大きな影響を与えるという賢いアイデアを思いついた。

ヘルシンキにあるRonttosrouvaベーカリーは、ほぼ閉店するつもりだった。同じ頃、フィンランドではトイレットペーパーのロールの需要が高かった。事業を救うための必死の試みで、そのベーカリーは一番上の層が甘い、オート麦バターとフルーツでできたトイレットペーパーケーキを出すことに決めた。そのケーキの外観は、トイレットペーパーのロールの形とまったく同じである。その作戦はすぐにうまくいき、ベーカリーは倒産を免れた。

ベーカリーのオーナー、Sanna Lampinenによれば、特別なケーキの画像はソーシャルメディアで口コミで広まり、最初の数個のケーキは数分でなくなったという。その後、そのベーカリーは何百もの注文を受けとった。

その驚異的な事業の好転により、ベーカリーは9人の従業員全員を維持し、トイレットペーパーロールケーキの注文を処理するために2人の新入社員を追加した。一時解雇が多くの国で一般的であるときに、これは明るいニュースある。

この出来事は、これらの困難な時代の消費者の心を示している。トイレットペーパーのロールのような形をしたケーキの斬新なアイデアがソーシャルメディアに投稿されたとき、それは当然購入者にアピールした。最も重要なのは、頭の回転が速いベーカリーが事業と多くの雇用を救ったことである。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。