英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

本年も「Appleポッドキャスト ベストオブ2018」
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

オリンピック運動 Olympic Movement

今回の記事は「オリンピック運動」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Put altogether, we may see fewer and fewer countries wanting to host future Olympic Games.


これから先のオリンピックの開催国として立候補する国はどんどん少なくなると思われる。


 ボキャブラリー

have second thoughts aboutother人の最初の選択を疑うこと、または再考すること
biddernoun人または組織が何かの正式な提案をすること、多くの場合他の人との競う場面において。
speak upverb正直な意見を言うこと、問題に関して本当はどのように思っているかを伝えること
revenuenoun収入、特に組織において
put it altogetherotherようやく、または結果を作成するために全ての要点を集めること。

 日本語訳

日本が2020年のオリンピック開催に向けて準備をしていることで、オリンピックの動きに対して多くの議論が交わされている。開催国となることは国内、国外両方で多くの人に受け入れられるが、同時に多くの都市ではこれをためらう傾向にある。

2004年に11カ国が開催国として立候補し、アテネが勝利した。この立候補数は2020年の開催国には5カ国に減り、2024年と2026年には2カ国のみになっている。様々な地域社会において、懸念点をあげる多くの反対意見が見られる。

世界中の多くの国民が自国の政府が医療や教育等の分野への支出を減らし続けているのを見ていることから、多くの人はそれらの資金をオリンピックよりも社会支援に投資してほしいと思っているようだ。

ボストンも、とても裕福で強力なグループの人が立候補することがボストンにとって良い結果をもたらすとして決定した、というその地域の人々の意識があり、2024年の立候補を取り下げた。

これから先のオリンピックの開催国として立候補する国はどんどん少なくなると思われる。

 参考動画

オリンピック開催国へ立候補に関する参考動画です

SOURCE: France24 via YouTube

Comments

comments

ポッドキャストの続きは で!

月額980円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。