英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

本年も「Appleポッドキャスト ベストオブ2018」
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

日本の小惑星の取り組み Japanese Asteroid Initiative

今回の記事は「日本の小惑星の取り組み」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャスト動画です。ご覧ください。

 本日のSentence

Although mission success won’t be known until the arrival back to Earth in late 2020, there is much hope.


2020年後半に地球に戻ってくるまでこのミッションが成功したかどうかは知ることはないが、希望は大きい。

 ボキャブラリー

solar system noun 8個の惑星と、太陽を中心に周る軌道にある月と、小惑星、流星物質と彗星の形をした小さなものの集まり。
extraction noun 特別に努力または力を利用して何かを抽出すること
wildlife noun ある地域で見つけられる野生生物の総称
face verb ソフトウェアが使用もしくは実行するデジタルスペース
potential adj 将来的になにかに発展する能力がある、もしくはそれを見せること。

 日本語訳

2019年に2回、日本の科学者が地球からおおよそ3億キロ離れた小惑星に宇宙船で着陸した。

JAXA(日本宇宙航空研究開発機構)が科学的な調査のため小惑星イトカワを見つけるため宇宙探索機はやぶさを宇宙に送った2003年にその調査は始まった。2005年の着陸は技術的な問題があったが、日本は月以外で宇宙に着陸し、表面試料を持ち帰った最初の国となった。

JAXAははやぶさ2を、小惑星リュウグウの表面下からホームのサンプルを持ち帰るため、2014年12月に打ち上げた。2020年後半に地球に戻ってくるまでこのミッションが成功したかどうかは知ることはないが、希望は大きい。

問題は、小惑星調査から私達は何を学ぶことができ、社会にどのような利点があるのかという点だ。未だ謎に包まれる太陽系の開発に関して更に学ぶことができるのではないかという期待がある。また、科学者は数十億年前に地球に付着していた小惑星が私達の惑星に生命を生んだ原因となったのではないかと考えている。

小惑星での重要資材発掘は、調査により地球を過剰発掘と一般採鉱から守る過程である。土地の破壊・汚染と発掘による野生生物への影響は確かな環境問題である。どの企業も十分に懸念していない中、リチャード・ブランソンを含む多数の裕福な投資家が可能性を調査している。小惑星での発掘が、私達が地球にしたことと同じ間違い、将来を顧みず資源を使用することだと捉える人もいる。マサチューセッツ、ケンブリッジのスミソニアン天体物理観測所の天体物理学者、マーティン・エルビスは、政府に対し、現在私達が地球で抱えているものと同じ問題に宇宙で直面する前に、今考えるよう要請している。

多くの科学者が、2020年のはやぶさ2の地球への帰還が、小惑星の謎を解き明かすこと、そして新しい学習機会の可能性となることを望んでいるのである。

Comments

comments

ポッドキャストの続きは で!

月額980円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。