英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  マットBlog

米銀行界、住宅ローン支払いの滞納で打撃

ビジネス英語講座の本日のタイトルです。 前回は記事を読む前の準備として Looking Ahead  ----> タイトルから記事内容を予測する Thinking Ahead ----> 読む前に押さえて起きた疑問 そして本日は記事を読む前にもうひとつ読みこなすためのコンセプトを押さえる事、これが大切なのです。 ここには、例えば損失引当金とは何か? サブプライム住宅ローンとは何なのか? こうしたことを押さえてから本文に入ることが大切になります。 「米銀行界、住宅ローン支払いの停滞で打撃」こちらの記事を読むためにおさえるべきポイントは以下の通りまとめられています。  
  • 初期不良債権:延滞日数が30日となった住宅ローン支払い
  • 損失引当金:債権損失の引当金は、金融機関が不良債権から発生する損失を計上するための方法。過去の統計に基づき、金融機関はデフォルトまたは不良となる可能性(デフォルト確率)のあるローンの金額を推計することができる。
  • サブプライム住宅ローン:通常は信用格付けの低い借り手に融資される住宅ローン。借り手の信用格付けが低いため、ローンがデフォルトに陥る可能性が平均以上に高いと見なされており、従来型の住宅ローンは提供されない。サブプライム住宅ローンにおいては、融資機関が高いリスクを埋め合わせるために、通常の住宅ローンよりも高めの金利が設定されることが多い。
  • プライム住宅ローン:信用格付けが高いと考えられている借り手に融資される住宅ローン。