英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

デザイナーが労働市場で希望を膨らませる Designers raise the stake in the job market

今回の記事は「デザイナーが労働市場で希望を膨らませる」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

The impression is that being an artist is an agonizing profession.


アーティストというと、苦しい職業という印象があります。


 ボキャブラリー

give way phrasal verb道を譲る;譲歩する
segmentnoun他の部品と一緒になって全体を構成するいくつかの部品または断片のうちの1つ
agonizeverb選択・決定などに苦悩する
approximatelyadv数量・時間などが、おおよそ・大体
prosperousadj豊かである;裕福である

 日本語訳

医師、弁護士、ソフトウェア・エンジニア、財務マネージャーは、アーティストやデザイナーに道を譲りましょう。そう、信じられないかもしれませんが、6桁の報酬の多くは、現在、この分野の求職者に支払われていますし、それはあらゆる業界で起こっています。

テック、ファッション、メディア、広告業界の採用担当者500人を対象に行われた調査では、2022年にアーティストやデザイナーの見込みが大幅に改善されたことが明らかになりました。アメリカの企業部門で働くデザイナーの現在の平均年収は、2021年の約11万ドルに対し、15万6,000ドルで推移しています。

しかし、アーティストやデザイナーの世界は非常に広く、さまざまなレベルのさまざまな種類の仕事が含まれていることを忘れてはいけません。したがって、この業界のすべての等級やすべての職業が高い賃金を受け取っていると結論づけるのは公平ではないでしょう。違いはあるものの、この調査によると、Web 3.0やメタバースで働くデザイナーは、平均で年間31万2000ドル、最高で時給150ドルを稼ぎ、最も高給取りの部類に入ることが分かります。

Quartzは、パンデミックによって雇用市場が大きく変化したと述べています。以前は場所が給料に今よりずっと影響していましたが、リモートワークという働き方の普及で、給料の面では妥当性が獲得されました。今では、デザイナーはどこに住んでいても高い給料を要求できるようになり、企業はどこにいても仕事ができるフルタイムのデザイナーを雇いたがるようになりました。

アーティストというと、苦しい職業という印象があります。しかし、今、その地位は向上し、アメリカの雇用市場の中で確固たる地位を確保しつつあるのです。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。