英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

私たちの未来は市民パワーにある? Does our future lie in citizen power?

今回の記事は「私たちの未来は市民パワーにある?」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

As this book suggests, proactive actions by citizens themselves to tackle and solve problems will be more necessary in the future.


本書が示唆するように、これからは市民自身が主体的に問題に取り組み、解決していくことがより必要になってくるでしょう。


 ボキャブラリー

authoritarianismnoun人は完全に従わなければならず、好きなように行動する自由は許されないという信念;独裁・権威主義
consumerismnoun大量消費主義;消費活動
proactiveadj変化が起きたときに反応するだけでなく、変化を起こして行動すること;積極的な;前向きな
tackleverb何かまたは誰かに対処しようとする;問題などに取り組む
dictateverb命令する;影響する;指示する。

 日本語訳

今日は皆さんに面白い本を紹介します。タイトルは「シチズン」。

ジョン・アレクサンダーとアリアン・コンラッドによって書かれたこの本は、消費主義や権威主義に頼るのではなく、自分自身(市民)に頼るべきだという主張をしています。

通常、「市民」とは、ある国に住み、選挙で投票する権利を持つ人のことを指します。しかし、著者はこの言葉の文字通りの意味、つまり 「人々が一緒にいる 」という意味を使っています。

自分たちの身の回りで何が変えられるかを考えれば、社会や世界の問題を解決するために協力し合い、そうすることでよりよい未来を築くことができる、というものです。

例えば、パリでは政策を立案し実行するための「市民議会」という団体が設立されようとしています。毎年、1億ユーロ以上がこのために確保される予定です。大西洋の向こうのメキシコシティでは、900万人の直接参加によって憲法が作成され、提案の成功によってその声が反映され、採択されました。また、台湾では、国のデータを活用し、市民によるセルフモニタリングによって、COVIDの死亡率のピークを下げたことは、皆さんもよくご存じだと思います。

同じことが、ビジネスの世界でも起こっています。ゼネラル・エレクトリックのようなビッグネームは(コカ・コーラもそうですが)、クラウドファンディングやクラウドソーシングを利用して資金やビジネス・アイデアを調達しているのです。クラウド、そうです!彼らは、市民の力を求めているのです。

あまりにも長い間、大きな消費者プラットフォームと強力な権威主義的政府が私たちの行動を決定してきました。本書が示唆するように、これからは市民自身が主体的に問題に取り組み、解決していくことがより必要になってくるでしょう。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。