英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

Erik、世界初の汎用ヒューマノイドロボット Erik, world’s first general-purpose humanoid robot

今回の記事は「Erik、世界初の汎用ヒューマノイドロボット」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

 ボキャブラリー

cognitiveadj認知能力の;認識力の
pleasantrynoun礼儀上の言葉;社交辞令
dexterousadj器用な;抜け目のない;利口な
responsiveadj反応が早い;敏感に反応する
endeavornoun努力;企て;試み

 日本語訳

今日のお話は、ロボットのエリックについてです。エリックはどのようなロボットなのでしょうか?

エリックの強みは、AIによる訓練と、非常に有能で器用な一対の手です。上半身は人間との交流に反応し、「はじめまして」と挨拶したり、握手をしたりすることができます。しかし、エリックが目指すのはもっと大きなものなのです。Sanctuary A.I.の創設者であるGeordie RoseとSuzanne Gildertとそのチームは、人間のように考える機械を作りたいと考えています。エリックは世界初の汎用ヒューマノイドロボットであり、彼らが目指す先の(人間のように考える機会を作りたいという目標の)出発地点と言えるでしょう。

エリックを使えば、自分がその場にいなくても、何でもできるようになります。VR技術を使って、人間の「操縦者」が遠隔操作することも可能です。エリックのAIトレーニングは、数年後に人間のアシストから完全に独立するために、継続的に行われています。そうなれば、人間の脳を模倣し、記憶、視覚、聴覚、触覚などの認知能力を持つロボットになります。

単一目的のシステムとは対照的に、汎用的なロボットは、人間のほぼすべての作業を行うことができます。ロボットが世界を支配してしまうという懸念に対して、エリックは人間の仕事を「奪う」のではなく、人手不足の仕事だけをこなすようになる予定です。この点についてGeordie Roseは、現在のアメリカの労働市場には、エリックのようなロボットが埋められる可能性のある1100万もの未充足のポジションがあると指摘しています。

エリックは、人間のような知能が人間の試みを拡大し、人間と一緒に働くためのツールとして機能し得ることを示しました。間違いなく、これはまったく新しいタイプのAIと言えるでしょう。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。