英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

悔いを残して生きる Living with regrets

今回の記事は「悔いを残して生きる」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Dan Pink writes in his new book, The Power of Regret, our deepest regrets can teach us valuable lessons.


ダン・ピンク氏が新刊『The Power of Regret』で書いているように、深い後悔は私たちに貴重な教訓を与えてくれるのです。


 ボキャブラリー

disturbverb邪魔をする、気をそらす
inactionnoun何もしないこと、無為
boldnessnoun大胆さ、あつかましさ
verballyadv言葉の上で
unburdenverb(悩みを)打ち明ける、(~の)荷を下ろす

 日本語訳

「もしも私が(あの時に)・・・」過去の行動や不作為を思い出しては、何度この言葉に心を乱されたことでしょう。おそらく数え切れないほどでしょう。しかしグッドニュース(良い面をあげるならば)なのは、あなたは一人ではないということです。私たちは皆、後悔しているのです。私たちは皆、決断や機会を逸したことについて後悔しています。しかし、ダン・ピンク氏が新刊『The Power of Regret』で書いているように、深い後悔は私たちに貴重な教訓を与えてくれるのです。

人は何について一番後悔しているのでしょう?世界的な調査によると、それは次のようなものかもしれません。
a) 「基礎的な後悔」(例えば、後々のために十分な貯蓄をしなかったことを後悔すること)
b) 「目立った後悔」(適切なタイミングで発言したり行動したりしなかったこと)
c) 「道徳的な後悔」(正しいとされていないことをしたこと)
d) 「絆の後悔」(人間関係などの関係を発展させなかったこと)

キャリアに関する後悔のほとんどは、人脈や思い切りの良さに関するものです。『ああ、あの会議で発言していれば・・・』 『同僚と仲良くしておけば・・・』

後悔に目を向けるよりも、その後悔を未来を築くために役立てる方が、よほど生産的です。ダン・ピンク氏は、『ハーバード・ビジネス・レビュー』のインタビューの中で、次の3つのステップを推奨しています。

自己分析は自己批判をすることなく後悔に対処するための第一歩です。同僚や家族に接するのと同じように、忍耐強く接することを忘れないようにしましょう。

次に、後悔していることを文字や言葉で第三者に伝えてみましょう。そうすることで、肩の荷が下り、後悔を手放すことができます。

最後に、自分の中の後悔を分析した後は、そこから学ぶことです。例えば、長い間連絡を取っていなかった人とつながる、あるいは海外に行くなど、今までできなかったことをしてもいいのです。そうやって、後悔を消していくのです。

結局のところ、私たちは皆、後悔とともに生きていかなければならないのです。ポイントは自身にこう問いかけることです。「悲しみや否定的な気持ちで後悔し続けるのか?それとも大きな後悔をも最も深い人生の教訓に変換してしまうのか?」どちらの選択肢をとるのかは、他でもないあなた自身にかかかっています。しかし、どちらをとればいいのかは明確ですよね。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。