英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

バック・トゥ・ザ・フューチャー: 飛行船時代2.0が始まろうとしている Back to the future: Airship era 2.0 about to lift off

今回の記事は「バック・トゥ・ザ・フューチャー: 飛行船時代2.0が始まろうとしている」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Indeed, airships were a futuristic idea at the time.


確かに、当時、飛行船は未来的なアイデアであった。


 ボキャブラリー

heliumnounヘリウム
geologistnoun地質学者
futuristicadj革新的な、斬新な、未来的な
scalenoun物や事の規模
completionnoun締め括り動作、物事の完了、完成

 日本語訳

飛行船といえば、テレビ局や地質学者などが利用する巨大な浮遊気球として知られている。 過去に存在した最も野心的な旅客飛行船は、1930年代にドイツのツェッペリン社が製造したグラーフ・ツェッペリン号とヒンデンブルグ号である。後者は、大西洋を越えてニュージャージー州ードイツ間で乗客を運んだ。しかし、そのサービスは1937年にヒンデンブルグ号が墜落し、乗客・乗員36名が死亡するという悲劇が起こったことで終了した。

確かに、当時は飛行船は未来的なアイデアであった。しかし、今日の企業は過去を見直し、旅客と貨物の両方の航空輸送の未来に踏み出そうとしている。 飛行船はジェット機に比べればはるかに速度は遅いが、排出ガスがなく、静かでスムーズな飛行を提供してくれる。

現在、英国のHybrid Air Vehicles社は、世界最大の飛行船であるエアランダー10をすでに製造し、テストしている。1930年代のヒンデンブルグ号のように水素を使用するのではなく、エアランダーは空気より軽いガスであるヘリウムを使用して飛行する。

飛行船は平坦な土地であれば、そこが草が生い茂っていようと、水上あるいは氷上であろうと離着陸が可能だ。ゆえに、飛行船を運用するための公共設備は必要ではない。言い換えれば、どんな遠隔地にも移動できる飛行船は貨物輸送にも最適である。フライング・ホエールズは、最大60トンの貨物を輸送できるLCA60Tと呼ばれる飛行船の試作品の完成に近づいている。

また旅客飛行船のビジネスを成功させるためには(条件)、クルーズ船のような贅沢なサービスを提供する必要がある。そのためにはある程度の規模が必要となる。そのような豪華な飛行船を製造し、維持するには多額の資金が必要になる。ゆえに、主な利用者は高額なチケットを買い求めることのできる裕福な旅行者になると考えられる。 

  

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。