英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

エルサルバドルの「ビットコインシティ」 The ‘Bitcoin City’ of El Salvador

「エルサルバドルの「ビットコインシティ」」エルサルバドルはどこにある国でしたか? ビットコインシティとはどのような都市になるのでしょうか。 そもそもビットコイン熱はまだ冷めていないのでしょうか?

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

The public infrastructure in the city is estimated to be worth 300,000 bitcoins.


市内の公共インフラは30万ビットコインの価値があると推定されている。


 ボキャブラリー

skepticismnoun懐疑論。何かが本当または有用であることを疑う
crazenoun夢中にさせる、熱中させる。突然発生する特定の活動または物に対する熱中、短期間に人気が広がる
legal tendernoun法定通貨。硬貨または紙幣
levyverb税金、料金、または罰金を課すこと
infrastructurenoun基本的な施設やサービス

 日本語訳

金融業界の最新情報に通じているなら、仮想通貨に対する懐疑論にも関わらず、最近世界中で話題を集めている仮想通貨についてご存じだろう。中央アメリカのエルサルバドルが世界初の「ビットコインシティ」の建設を計画していることから、「クリプトフィーバー」は一段と上昇したと言っても過言ではない。

エルサルバドルのナジブ・ブケレ大統領が発表したように、ビットコインシティーは最初にビットコイン建ての債券によって資金調達される。ナジブ・ブケレ大統領はビットコインを介して国への投資を促進したいと考えている。この発表は、エルサルバドルでのビットコインの1週間にわたるプロモーションで行われた。今年9月、エルサルバドルは法定通貨としてビットコインを採用した最初の国にもなった。エルサルバドルはまた、2020年に債券の第一段階を発行する予定である。

ビットコインシティは、ラウニオンの東部で計画されていると言われている。この地域が火山からの地熱エネルギーによって動かされ、「完全に生態学的な都市になる」ことに注目するのは興味深いことである。またビットコインシティーは、付加価値税(VAT)を除いて税金を徴収しない。

徴収されたVATの半分は都市の建設に使用され、残りの半分は都市の維持サービスに支払われる。市内の公共インフラは30万ビットコインの価値があると推定されている。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。