英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

トヨタとパナソニックが提携、日本のEVに動力を供給 Toyota-Panasonic partnership will power EVs in Japan

今回の記事は「トヨタとパナソニックが提携、日本のEVに動力を供給」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

According to estimates, the annual sales figures for EVs from Toyota will reach 5.5 million by 2025, five years earlier than planned.


推定によると、トヨタのEVの年間販売台数は2025年までに550万台に達し、計画より5年早くなる。


 ボキャブラリー

hybridadj二つの異なる種の混合。ここでは、ガソリンと電気の両方で走る車のこと。
playernounプレーヤー。特に事業や政治において、状況に影響を及ぼす人または組織
clientnoun顧客。会社のサービスを利用する者
competitiveadj競争的な。同種のものと同じか、より良い
capitalizeverb自分に都合の良いように状況を利用する。つけこむ。

 日本語訳

電世界的に電気自動車(EV)市場が拡大しているが、日本も同様である。そんな中、トヨタ自動車とパナソニックの合弁会社が、ハイブリッド車用のリチウムイオン電池を日本で製造することになった。

プライムプラネットエナジー&ソリューションズは、トヨタ自動車が51%の株式を保有し、今年4月に日本の大手企業が設立した。電池市場のチャンスを捉え、リーディングプレーヤーとしての地位を確立することを主な目的としている。2022年から、徳島県にあるパナソニックの工場では、年間50万台の自動車に電力を供給するのに十分な量のバッテリーを生産する予定だ。

パナソニックはすでに世界最大のEV用電池メーカーの中で上位に位置している。パナソニックの主要な顧客の一つは、アメリカの電気自動車テスラだ。しかし、サムスンやLGケム、CATLとの厳しい競争に直面している。

EVの販売が急速に伸びていることを考えると、今回のトヨタ・パナソニックの提携は非常に重要な意味を持つ。トヨタを含む多くのEVメーカーが直面している大きな問題は、車両コストの約4割を占めるバッテリーの高額なコストだ。しかし、パナソニックとの提携により、トヨタは競争力のある価格設定と、将来のEVモデルのためのバッテリーの安定供給を確保することができる。試算によると、トヨタのEVの年間販売台数は、計画より5年早い2025年には550万台に達するという。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。