英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

米国、テクノロジー企業に対する独占禁止法は正しいのか Is anti-tech antitrust the way to go in the US?

今回の記事は「米国、テクノロジー企業に対する独占禁止法は正しいのか」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Meanwhile, Republican Congressman Ken Buck has cited the draft report to say that there are serious concerns about the growing clout of the Big Tech firms.


一方、共和党のケン・バック下院議員は報告書草案を引用して、ビッグテック企業の勢力拡大には深刻な懸念があると述べている。


 ボキャブラリー

portverb移植する、移す。ソフトウェアや電話番号などを変更せずに別のシステムに移動する
restrainverb抑える。何かを制限すること
hearingnoun意見聴取、聴聞会、審問。詳しく問いただすこと、相手方の意見を聞くこと
cloutnoun強い影響力。影響する力
monopolynoun独占。法的特権、供給権、または共同行為による排他的な所有権

 日本語訳

ここ数ヶ月、フェイスブックやグーグル、アマゾンなどのテック大手を抑制する動きが活発化している。7月29日には、3社のCEOが下院司法反トラスト小委員会に出頭して公聴会を開いた。同小委員会は近日中に報告書を発表する予定です。

一方、共和党のケン・バック下院議員は報告書草案を引用して、ビッグテック企業の勢力拡大には深刻な懸念があると述べている。規制当局は、合併を止め、顧客が異なるプラットフォームにデータを移植できるようにすることで、大企業を「分断」するための措置を取るかもしれません。

報告書は民主党のデビッド・シシリン議長が主導している。しかし、この報告書の影響は、どれだけの共和党員が勧告を支持して出てくるかにかかっている。

報告書が最終的な形になるにもかかわらず、専門家たちは、反技術反トラストがアメリカの最大の技術問題に対する正しい解決策であるかどうかを議論しています。歴史的に見ても、そうであることは証明されていない。1956年、ベルシステム社の独占に異議を唱えようとした試みは、7年間の法的論争の末に失敗に終わった。同様に、IBMは13年に及ぶ独占禁止法違反訴訟の後も、単一企業であり続けています。マイクロソフトもまた、ソフトウェア業界を支配しているという政府の告発を何度か受けた後も、強力な企業であり続けています。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。