英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

フルーツ電池 Fruit battery

今回の記事は「フルーツ電池」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

To tackle these problems, researchers at the University of Sydney have found a new way of storing electrical energy: a fruit called durian.


。これらの問題に取り組むために、シドニー大学の研究者たちは、電気エネルギーを貯蔵する新しい方法、ドリアンと呼ばれる果物を発見した。


 ボキャブラリー

lifecyclenoun寿命。何か(製造品)がその耐用年限の間に通過する一連の段階
wind upphrasal verbに行き着く。ある場所または状況に行き着く、~になる
landfillnounごみ投棄場。埋めることで廃棄物を捨てる場所
pulpnounパルプ。柔らかく、湿った、形のない物質のかたまり
mashverbすりつぶす。砕いてどろどろの塊になるまで小さくする

 日本語訳

リチウムイオン電池は、世界が技術を使用する方法を変えた。しかし、すべての電池は、短時間持続する限られたエネルギーを持っている。電池はライフサイクルの終わりに、世界の電子廃棄物に追加される。これらの問題に取り組むために、シドニー大学の研究者たちは、電気エネルギーを貯蔵する新しい方法、ドリアンと呼ばれる果物を発見した。

わずか900キログラムのリチウムを生産するために、100万リットルの水を必要とする。それは環境に大きな負担をかける。一方、ドリアン(またはジャックフルーツ)の多くの種類は一般に強いにおいのために消費されず、ごみ投棄場に行く。ビンセント・ゴメス氏と彼の科学者チームは、その廃棄物を電気に変換することにした。

科学者たちはドリアンをすりつぶし、果肉を水中で加熱し、それを凍結乾燥させた。このプロセスにより、廃棄物は超コンデンサ、つまりスマートフォン、タブレット、ラップトップ、さらには電気自動車を充電できる大容量バッテリーに変わった。これらの超コンデンサは、充電に30秒しかかからない。

世界の他の場所にいる科学者たちも、代替のグリーン電力源を探している。モスクワの国立科学技術大学のミハイル・アスタホフ氏は、野生の有毒植物であるブタクサを、電子機器を充電できる超コンデンサの原料として使用する方法を発見した。トム・スコット氏が率いるブリストル大学の別の科学者チームは、人工ダイヤモンドから作られた電池を開発している。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。