英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

企業は接触をしない未来に備える Businesses prepare for a touchless future

今回の記事は「企業は接触をしない未来に備える」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

 本日のSentence

Many airports are installing advanced equipment to allow all airport activities without people having to touch any screens, tickets, or people.


多くの空港では、画面、チケット、または人に触れることなくすべての空港での活動を可能にする高度な機器を設置している。

 ボキャブラリー

staff noun スタッフ。集団で、組織のために働く人々
kiosk noun キオスク、売店。小さな店またはブース。通常、大きな建物や中庭の内側にある
screen verb を検査する。テストする
corridor noun 廊下。建物内の長くて、せまい通路
cubicle noun 作業空間、仕切ってある小さな部屋。広い部屋に低い壁を設置して作られた小さなオフィススペース

 日本語訳

パンデミックが終わった後も、通常通りにはいかないかもしれない。すでに多くの企業が、やむを得ない変化に備える準備をしている。その1つは、タッチレステクノロジーへの移行である。

多くの空港では、画面、チケット、または人に触れることなくすべての空港での活動を可能にする高度な機器を設置している。シンガポールのチャンギ空港には、すべてのスタッフと訪問者の体温を記録するサーマルスクリーナーがあり、香港国際空港には、公共エリアとトイレを掃除する自動運転ロボットがある。アブダビでは、エティハド航空が乗客の健康状態を監視できるセルフサービスキオスクを試している。米国では、Soter Technologiesが「Symptom Sense」と呼ばれる35,000ドルのデバイスを開発した。このデバイスは、物理的な接触なしにすべての健康統計をスクリーニングする。

小売業界では、ベライゾンが先頭を切って「タッチレスリテール」を導入した。顧客は最初に予約を取り、次に安全を保証するデジタルチェックインとチェックアウト、タッチレスな現金支払いを行える店舗を訪問する。

タッチレス技術のメーカーも未来に向けて準備を進めている。カリフォルニアに拠点を置くSimplehumanは、タッチレスのゴミ箱と石鹸ディスペンサーを販売している。シャーロットを拠点とするシールドエアは、毎分8つのeコマース注文を準備できる「オートバッグ」プロセスを開発した。eコマースプラットフォームのファブリックは、ロボット工学を使用して注文を処理している。

オフィスもタッチレスな未来に向かって動いている。開発者は、無菌の空気循環システムと、音声作動式またはアプリによるエレベーターとドアを開発している。将来のオフィスには、広い廊下、高い壁の作業空間、およびビデオ会議が増える可能性がある。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。