英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

本年も「Appleポッドキャスト ベストオブ2018」
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

愛国心と人種差別:ケイト・スミスの奇妙な事例 Patriotism and racism: the curious case of Kate Smith

今回の記事は「愛国心と人種差別:ケイト・スミスの奇妙な事例」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャスト動画です。ご覧ください。

 本日のSentence

Kate Smith was the symbol of strength for the army during World War II.


ケイト・スミスは、第二次世界大戦中、陸軍の強さの象徴だった。

 ボキャブラリー

symbol noun 象徴、シンボル。何か他のものを表す、または表すもの、特に何かを抽象的に表す有形物。
unity noun 結束。統合される、または一体になる状態
ban verb 禁止する。特に法的手段によって禁止すること
controversy noun 議論または世間の不同意を引き起こすこと。論争中の。
associate verb 関連させる、関係づける。(誰かまたは何かを)何かとむすびつける

 日本語訳

歌手ケイト・スミスは1938年に、「ゴッド・ブレス・アメリカ」を歌った。それ以来、彼女と彼女の歌は米国の統一の象徴になった。

ケイト・スミスは、第二次世界大戦中、陸軍の強さの象徴だった。9月11日のテロ事件以降、野球チームのニューヨークヤンキースはケイトの「ゴッド・ブレス・アメリカ」を彼らの試合で流し始めた。ホッケーチームのフィラデルフィア・フライヤーズは1970年代から彼女の歌を流している。

しかし、最近のニュースによると、ケイトは「黒人の子供の天国」や「それが黒人の生まれた理由」などの歌を歌っていたことがわかった。それらの曲は黒人に対する人種差別と考えられていた。この論争の後、ニューヨークヤンキースとフィラデルフィア・フライヤーズはスミスの曲を禁止した。人種差別で非難されている人物と関わりたくないからだ。

 参考動画

CNNが伝えています。

SOURCE: CNN via YouTube

Comments

comments

ポッドキャストの続きは で!

月額980円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。