英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

ご注意ください:一番暑い年の到来です! Caution: Hottest Year Ahead!

今回の記事は「ご注意ください:一番暑い年の到来です!」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

However, we must stop the constant emission of greenhouse gases to make this happen.

しかし、そのためには、温室効果ガスの絶え間ない排出を止めなければなりません。

 ボキャブラリー

Pledgeverb真剣に約束する
Thresholdnounある反応や現象が起こるために超えなければならない大きさまたは強さ
Net Zeronoun温室効果ガスの発生量と大気から除去される量が等しい状態
Uncheckedadjコントロールも拘束もされない
Constant adjある期間にわたって連続して発生している

 日本語訳

人類史上最も暑い年に備えてください。国連の世界気象機関(WMO)は、2027年までに、地球温暖化がパリ気候変動協定で定められた限界を超える可能性があると述べています。2015年、各国は地球温暖化を産業革命以前から1.5度未満に抑えることを約束したのです。

今、この目標の達成は不可能と思われます。WMOは、今後5年間のうち少なくとも1年間は、2016年に記録した暑さの記録を更新する可能性が98%あるとしています。また、1年が1.5度の閾値を超える確率は66%です。

これを防ぐには、温室効果ガスの排出量を「ネットゼロ」にすることが必要です。これは、私たちが排出する温室効果ガスの量と、大気から除去する量が等しくなければならないことを意味します。そうしなければ、2030年代にはさらに暑い年がやってくるかもしれません。

6月から7月にかけてのエルニーニョ現象や、最近のフンガ・トンガ火山の噴火により、大気はさらに高温になる可能性があります。

このまま地球温暖化が進むと、熱波や洪水、深刻な干ばつがさらに増えることになります。

では、パリ協定は失敗したのでしょうか?そうとは限りません。長期的な地球温暖化が2%以下に抑えられれば、まだ大丈夫かもしれません。しかし、そのためには、温室効果ガスの絶え間ない排出を止めなければなりません。

 参考動画

1972 TokyoさんのSignal CommentにもあったAmy CuddyさんのTED TALK

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。