英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

ノーベル賞:受賞者に反対の声 Voices of dissent win the Nobel

今回の記事は「ノーベル賞:受賞者に反対の声」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Its first chairman was Andrei Sakharov, a brilliant scientist of the nuclear age and a Nobel Laureate.


初代会長は核時代の天才科学者であり、ノーベル賞受賞者でもあるアンドレイ・サハロフ氏だ。


 ボキャブラリー

revitalizeverb活性化する;衰えている、あるいは弱くなっているものを再び強くし繁栄させること
symbolizeverb~を象徴する;~のシンボルとなる
languishverb自由などを奪われて落胆して暮らす
totalitarianadj全体主義の
fraternitynoun社交クラブ;友愛会

 日本語訳

ロシアの侵略戦争のさなか、世間の注目を浴びたノーベル平和賞。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領とクレムリン批判者で野党指導者のアレクセイ・ナワリヌイ氏が有力候補だったが、実際には受賞に至らなかった。代わりに委員会は、ベラルーシ、ウクライナ、ロシアの3人の人権擁護活動家、すなわちベラルーシのアレス・ビアリアツキ、ロシアの「メモリアル」、ウクライナの「市民自由センター」にノーベル賞を共同授与し、多くの人々を驚かせた。彼らは、ロシア政府とその行動に対して近隣3カ国で声を上げたことで、1000万スウェーデンクローナ(90万ドル)の賞金を分け合うことになった。

ベラルーシの非合法組織「ヴィアスナ」の代表であるビアリアツキは、25年以上にわたって人権侵害と戦い、2020年から刑務所に収容されている。一方、ウクライナの「市民自由センター」は、2月の侵攻以来、ロシアによるウクライナ人に対する戦争犯罪を19,000件以上記録している。3つ目のロシアの人権団体「メモリアル」は、ロシアにおける全体主義体制への抵抗を象徴している。初代会長は核時代の天才科学者であり、ノーベル賞受賞者でもあるアンドレイ・サハロフ氏だ。

ノーベル賞が戦争の真っ只中にある3国をルーツとする個人と2つの団体に授与されたことに、不快感を示す声がささやかれている。ノーベル委員会は今年の受賞者について、「国家間の平和と友愛というアルフレッド・ノーベルのビジョンを活性化し、その栄誉を称えた」と述べているが、"2カ国(ロシアとベラルーシ)の代表が3カ国目(ウクライナ)を攻撃 "しているので「友愛関係」も平和表現もない、という批判があるのである。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。