英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

徒歩圏内の街 Walkable neighborhoods

今回の記事は「徒歩圏内の街」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

The 15-minute city concept is about to be realized.


15分都市構想が実現しようとしています。


 ボキャブラリー

At the height ofother~の絶頂に[で]
get a pushphrasal verb後押しされている
made up ofphrasal verbbe made up of : ~で構成されている
on footother徒歩で
off the groundother計画などが順調にスタートして、軌道に乗って

 日本語訳

仕事、レジャー、教育、ショッピング、緑地など、日常生活に必要なものがすべて徒歩圏内にあるとしたら、どうでしょう?

15分都市構想が実現しようとしています。

パンデミックの最中、人々は徒歩や自転車で移動できるコミュニティが必要だと気づき始めました。今、気候変動と戦うために、このアイデアは世界中で推進されています。世界中の100人以上の市長で構成されるC40都市気候リーダーシップグループは、コペンハーゲンの資産管理会社Nordic Real Estate Partners(NREP)と協力して、徒歩で移動しやすい地域を少なくとも5つ作ろうとしている。ブルームバーグによると、NREPはこの計画を軌道に乗せるために、すでに50万ドルを出資しているという。

15分都市の構想は、そこに住む人々と環境の両方の観点から理にかなっている。気候変動の専門家によれば、住宅、オフィス、店舗などの重要な場所が互いに近く、徒歩や自転車で行ける距離にあれば、排出量を25%削減できるという。

パリでは、ミニーム兵舎が魅力的な住宅やオフィスに生まれ変わり、徒歩5分でバスティーユ広場や自転車道「コロナピスト」まで行けるようになりました。交通騒音がない代わりに、エリア全体が歩行者や自転車優先の環境になっています。

シンガポールは2040年までに「20分都市」を作りたいと考えている。中国の保定市や広州市では、すでに "15分コミュニティ・ライフサイクル "が実現されています。 イタリアのカリアリやアメリカのポートランドは、パリモデルを取り入れようとしている。

住民と市政府が協力すれば、他の多くの都市でも利用できるモデルだ。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。