英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

技術系新興企業、饗宴から飢饉へ! It’s feast to famine for tech startups

今回の記事は「技術系新興企業、饗宴から飢饉へ!」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Can the tech industry weather the storm?


ハイテク産業はこの嵐を乗り切れるのか?


 ボキャブラリー

bull runnoun強気相場が続くこと;連続の上げ相場
freeze hiringother雇用を凍結する
thriveverb経済的に富む、繁栄する
struggleverb悪戦苦闘する
weather the stormother難局をうまく切り抜ける

 日本語訳

技術系企業の10年にわたる強気な市場は終わったようだ。投資が減る中、一日おきに解雇の報道が入る。Carvana、DataRobot、Robinhood、Thrasio、Instacart、MainStreet、Netflixなどがその例である。TwitterとMetaは雇用とマーケティングキャンペーンを凍結した。

Thrasioは優れた不況のケーススタディである。2021年、評価額を100億ドル以上に引き上げるであろう資金調達ラウンドをもって、上場間近だった。しかし、残念ながらその資金は手に入らず、現在、同社はコスト削減と5分の1の人員削減に取り組むことで34億ドルの負債を解消しようとしている。パンデミック時に人気を博したインスタカートは、それ以来、その価値の40%を失った。

パンデミック下の制限とインターネットサービスの需要に後押しされた低金利で安価な金融の時代には、多数の新興企業が繁栄した。2022年、大口投資家が船を捨てたために(投資に前向きではなくなったために)、これらの企業は苦境に立たされている。BloombergのLizette Chapmanは、Lux CapitalのBilal Zuberiの「世界は崩壊している、だから我々はそれに従って行動しなければならない。」という言葉を引用している。

ウォールストリートジャーナルは、技術産業に関するさらにひどいニュースを伝えている。2021年とは対照的に、フェイスブック親会社のメタとアマゾンは30%以上、アップル、マイクロソフト、アルファベットは20%、ネットフリックスは69%株価を下げたという。グーグルは2008年の不況以来最悪の月となった。

この減速はテックバブルの崩壊を意味するのか、それともパンデミック後の現実への回帰なのか。40年ぶりの高水準に達したインフレ、ウクライナ危機、中国のロックダウンも相まって、恐らく後者であると考えられる。

ハイテク産業はこの嵐を乗り切れるのか?

 参考動画

若者たちも企業を離れているようですね

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。