英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

ブランドのネーミングは言葉遊び? Is naming a brand a game of words?

今回の記事は「ブランドのネーミングは言葉遊び?」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Each of these words was carefully chosen by the founders of some of the most well-known brands.


これらの言葉は、有名ブランドの創業者たちによって、ひとつひとつ丁寧に選ばれたものです。


 ボキャブラリー

misspellverbスペルミスをする
differentiateverb識別、区別する
wranglenoun長時間の口論
akinadj同族の、同種の、または血族の
denoteverb何かに注目させること、それが何を意味するかを示すこと

 日本語訳

Googol、Adi Dassler、Pepsin、Kwanon、Leg Godt、Sky Peer、Sonus、日本工学、Rhebok -- 全て聞き覚えがあるはずです。これらの意味が何なのか、ちょっと想像してみてください。

スペルは間違えていませんよ。これらの言葉は、有名ブランドの創業者たちによって、ひとつひとつ丁寧に選ばれたものです。今日のスタートアップ企業も、それに倣っていいます。何百という言葉が飛び交い、その中から自社や自社のセールストークを代表するものが選ばれるのです。

ブランド名選びは、言葉遊びのようなものです。本当にそうなのか疑問に思っているのであれば、FiercePharmaが毎年開催している、64のブランド名の中から読者がベストネームを投票する「ドラッグネームトーナメント」をご覧になってはいかがでしょうか。

言いたいのは、少なくともマーケティング競争の初期の段階では、慎重に選んだブランド名が企業の運命を左右する可能性があるということです。

かつてブランド名は、企業の活動内容に由来するものでした。その後、(「Uber」のような)変わった名前の流行がありました。逆に、ナイキ(達成感や勝利感を表現)やアマゾン(アマゾンの熱帯雨林にある無限の発見を表現)のように、ストーリー性のあるブランド名を選んだ企業もあります。

しかし、アメリカの企業やシリコンバレーの新興企業の間では、短く、耳障りが良く、フィンランド風の名前が新しいトレンドになっています。Taika、Vuori、Levata、Sisu、eero、Kukkula、Aalto、Lumiはフィンランド以外の国ではあまり馴染みのないフィンランド語(「サウナ」という言葉を除いては)に由来しているいくつかの例です。恐らく、馴染みのなさこそが多くの会社がフィンランド語を選ぶ一番の理由です。というのも、競合他社との違いをもたらすことができるからです。さらに、すでに使われている名前をめぐっての法的な論争を避けることもできます。

そういえば、フィンランド語のブランド名には、丘、山、雪、波、川など、絵になる意味もありますが、それはまた別の言葉遊びです。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。