英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

ロボコールを管理する米国 US to control robocalls

ロボコップじゃなくて、ロボコールだよね?「ロボコールを管理する米国」ちなみにロボコールってなんだろう?そしてアメリカではそれをコントロール、規制しようとしているのかな?

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

As per estimates, Americans received 4.1 billion robocalls in August, which is 4.4% less when compared to July!


推定によると、米国人は8月に41億のロボコールを受け取った。これは、7月と比較して4.4%減少している。


 ボキャブラリー

authenticationnoun人物の身元の確認や、コミュニケーション・システムのプロセスを認証すること
carriernoun運送会社、通信事業者。通信サービスの提供者
databasenounデータベース。特に迅速な検索や読み込みのために整理された(通常)大きなデータの集合
foolproofadj絶対確実な、失敗のない。絶対に失敗しないほどうまく作られている
compareverb比較する。2つ以上のものをよく調べて、どちらが優れているか判断すること

 日本語訳

迷惑電話は目新しいものではないが、非常に不快なものになる可能性がある。迷惑電話、特にロボコールと呼ばれる事前に録音された通話は珍しくない。連邦通信委員会はこれらのロボコールを阻止しようとしており、STIR/SHAKENとして知られる一連の業界ルールを定めている。

連邦通信委員会は、すべての音声サービスプロバイダーに、業界ルールのセットであるSTIR/SHAKENを介した「発信者ID認証標準」の導入を求めている。大手キャリアのAT&T、ベライゾン、Tモバイルは、6月30日までにこのシステムを導入する予定だった。小さいキャリアはもう少し時間がかかる可能性がある。これに加えて、すべての音声サービスプロバイダーは、立ち上げた新しいデータベースのいずれかでロボコールを停止する計画を記載した計画を提出する必要がある。9月28日以降、その計画がデータベースにない場合、通信事業者はこれらすべてのプロバイダーからの通話を受け入れることはできない。画面に表示されているのと同じ番号からの通話であることを確認する。

残念ながら、発信者はいつでも番号を変更できるため、このシステムは絶対確実ではない。また、これらのルールは米国の発信者に適用されるが、ほとんどのロボコールは国外から行われる。残念ながら、STIR/SHAKENはそれを制御できない。さらに、この一連のルールは電話専用である。固定電話を使用している人は、引き続きロボコールを受信する。

推定によると、米国人は8月に41億のロボコールを受け取った。これは、7月と比較して4.4%減少している。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。