英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

もはや「世界遺産」ではないストーンヘンジ Stonehenge may no longer be ‘World Heritage Site’

今回の記事は「もはや「世界遺産」ではないストーンヘンジ」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

The UK and British Overseas Territories now house 31 World Heritage Sites.


英国と英国の海外領土には現在、31の世界遺産がある。


 ボキャブラリー

preserveverb維持する、保持する。元または既存の状態を維持すること
designateverb指定する、を示す。特定の目的のために指定して、際立たせること
revokeverb取り消す。正式な決定を変更、もしくは撤回する
victimnoun犠牲者。病気や事故といった不快な出来事によって傷つけられる誰か/何か
scrutinynoun監視、監督、精査。重要な観察または検査

 日本語訳

歴史的に重要な場所が世界中にたくさんあり、これまでのように将来の世代のために保存する必要がある。しかし、時には、歴史の一部が都市化の犠牲者になることがよくある。これは、「世界遺産」のステータスが奪われる可能性のある英国のストーンヘンジの場合にも当てはまる。

報告によると、約23億ドル相当の高速道路トンネル建設プロジェクトが、遺跡の近くに建設される準備が整っている。このプロジェクトの建設が承認されると、35年前に指定された遺跡のステータスが失われる可能性がある。このニュースが報道される約1週間前に、国連教育科学文化機関(UNESCO)は、リバプール海商都市を、ウォーターフロントの開発による深刻な被害を受けていると見なしたため、正式に世界遺産から外した。

ストーンヘンジのステータスが取り消された場合、1978年に世界遺産プログラムが設立されて以来、世界で4番目の事例となる。リバプールの撤去は3番目の事例だった。英国と英国の海外領土には現在、31の世界遺産がある。

それらの世界遺産登録抹消は、それらの周りの計画された開発のために、他の31の遺跡のいくつかがユネスコから極度の監視下に置かれることにつながる可能性がある。英国政府はリバプールに関するユネスコの決定に同意していないが、英国政府のスポークスパーソンは、ストーンヘンジ遺跡の「遺産と考古学」を保護するためにユネスコや他のコミュニティと緊密に協力し、それを優先すると述べた。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。