英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

本年も「Appleポッドキャスト ベストオブ2018」
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

イランと米国 トラブル続きの歴史 Iran/USA a Troubled History

今回の記事は「イランと米国 トラブル続きの歴史」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャスト動画です。ご覧ください。

 本日のSentence

The coup almost 30 years earlier was still fresh in the minds of many citizens and the hostage takers.


約30年前に起きたこのクーデターは、今だ多数の市民や人質を取った人々の記憶に生々しく残っている。

 ボキャブラリー

involvement noun 何かに関与するか、参加する条件
overthrow verb 力から強制的に排除する
coup noun 突如、暴力的に政府の権限を違法に取り上げる
influence noun 誰かや、何かの質や行動に影響を与える能力
suffering from other 不快な何かを経験すること

 日本語訳

石油は度々アメリカ、イラン間のぜい弱な関係の要因となっている。

米国の関与は、1951年3月にモハンマド・モサッデクがイラン首相になった時に始まった。CIAは政府を転覆し、より西側に友好的な政府に取り替える計画を立て始めた。クーデターの試みは不完全に実行されたが、最終結果は1954年に米国と英国が包括的な運営を再開したことで両国の利益に貢献した。多くのイラン人は、アメリカをトラブルの元凶として捉えた。

1979年11月4日、テヘランにあるアメリカ大使館がイラン人学生たちによって攻撃され、結果として60人以上のアメリカ市民が拘束された。多くのイラン人は西洋から干渉されることのない、自国への更に強い自治権を求めていた。

人質が取られる直前、アメリカのジミー・カーター大統領はイランの指導者に米国での無償の医療補助を提供し、これが大使館の乗っ取りに繋がった。多くはこれをアメリカによる干渉への強い抗議と見、多くのイランの人々は国際的な影響を受けることなく自身の行動をコントロールする準備が出来ていることを示す明らかな兆候であると受け止めた。

約30年前に起きたこのクーデターは、今だ多数の市民や人質を取った人々の記憶に生々しく残っている。イラン経済は石油による収入の減少から苦境に立たされており、多くの市民にとってこれは今なお続く問題である。この状況が、忘れることを不可能にしている。

 参考動画

こちらの動画も勉強になりますね

Comments

comments

ポッドキャストの続きは で!

月額980円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。