英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

本年も「Appleポッドキャスト ベストオブ2018」
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

世界で一番幸せな国 Happiest Countries in the World

今回の記事は「世界で一番幸せな国」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャスト動画です。ご覧ください。

 本日のSentence

In many countries, people complain about taxes, but maybe they are not so bad.


多くの国では、国民は税金に対して文句を言うものだが、税金というのはそんなに悪いものではないのかもしれない。

 ボキャブラリー

dominating verb 最も重要になる、もしくは最も見られる
life expectancy noun 人が生きられる平均期間
corruption noun 権力を持つものが不正、または詐欺行為を行うこと。通常賄賂の授受を含む。
play a role in other ある活動に参加すること、(何かに対し)貢献すること。
peace of mind noun 心配や恐れからの解放。

 日本語訳


2012年に初めて、関連記事と国連のメンバーの国々のランキングを含む世界幸福度報告が作成された。2019年の最新のランキングは前年とは少々違い、北ヨーロッパの国々が「最も幸福な国」リストのトップ10を占めるようになった。それらの国は、フィンランド、デンマーク、ノルウェー、アイスランド、オランダ、スイス、スウェーデン、ニュージーランド、カナダ、オーストラリアである。

所得水準、社会的支援、平均余命、個人の自由、政府と企業の寛容性と汚職が無いことがランクを決めるポイントとなる

ランキング上位にある国は、このように全てにおいて幸福だと報告できる国民に対して、何を十分に行っているのか?それには政府の方針と決定事項が貢献しているようだ。

世界で最も幸福な国であるフィンランドの福祉制度は、世界で最も手厚いものの一つである。無料の国民皆保険制度、23歳まで無料の歯科治療,幼稚園から大学まで続く無料教育制度等の制度が全国民に提供されることで、かれらの生活の質は保たれている。もしも失業や健康を損なうような予想しない問題が人生で起こっても、そこに助けがあるという「心の平和」が大きな役割を担う。

これらの支援は高額の税金と日用品から成り立つものではあるが、フィンランド国民の多くはこれを受け入れ、そのようなコストはこの恩恵に見合うと思っているようだ。多くの国では、国民は税金に対して文句を言うものだが、税金というのはそんなに悪いものではないのかもしれない。

 参考動画

フィンランドが世界一幸せな国? 実際にそのようですね。

Comments

comments

ポッドキャストの続きは で!

月額980円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。