英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

本年も「Appleポッドキャスト ベストオブ2018」
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

「The」は誰のものなのか Who does “the” belong to?

今回の記事は「「The」は誰のものなのか」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャスト動画です。ご覧ください。

 本日のSentence

Thus, any restriction on its use would apply only when “the” is used along with a specific logo or brand name.


したがって、「The」が特定のロゴまたはブランド名とともに使用されている場合にのみ、その使用に関する制限が適用される。

 ボキャブラリー

file verb 適切な手続きにより、法的行為を開始する。正式に提起する
application noun 応用、適用。通常、書面による何かの公式な依頼
reject verb 拒絶する、拒否する。信じる、受け入れる、または考慮することを拒否すること
specify verb 特定する。何かをはっきり正確に説明する
grant verb 与える。(依頼されたこと)に同意する、を与える、を許可する

 日本語訳

私たちは英語の冠詞「The」に精通しており、自由に使用している。しかし、オハイオ州立大学(Ohio State University: OSU)は米国特許商標局に「The」を商標として申請した。

有り難いことに、当局はその申請を却下する可能性が高い。専門家は、OSUがブランドの一部として「the」をどのように使用するかを具体的に述べて、申請を変更する必要があると考えている。

「The」を商標として登録しようとしたのは、OSUが最初ではない。5月に、ファッションデザイナーのマーク・ジェイコブスも「The」を申請した。それらのいずれかが「the」の商標登録に成功した場合、それは私たちが記事を冠詞のTheを使用できないことを意味するのだろうか。

そうではない。その商標は「The」を特定の方法で使用することに許可されるだろう。したがって、「The」が特定のロゴまたはブランド名とともに使用されている場合にのみ、その使用に関する制限が適用される。

Comments

comments

ポッドキャストの続きは で!

月額980円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。