英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

本年も「Appleポッドキャスト ベストオブ2018」
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

ノートルダム大聖堂、灰から芸術は再び現れるか Notre Dame cathedral: Will art re-emerge from the ashes?

今回の記事は「ノートルダム大聖堂、灰から芸術は再び現れるか」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

According to estimates, the repair work might take at least two decades.


試算によれば、修復には少なくとも20年かかるという。


 ボキャブラリー

estimatenoun推定する。何かの価値、数、数量、または程度の近似計算や判断を行うこと
repairnoun修理する。壊れているまたは稼働していないものを直す
altarnoun祭壇。特に神へのささげ物を提供するために、宗教的な目的で使用されるテーブルまたは上部が平たいブロック
treasurenoun財宝。貴金属、宝石、その他の貴重な物体
expertnoun専門家。事情に精通している人

 日本語訳

4月15日、パリのノートルダム大聖堂が大規模火災で焼失した。試算によれば、修復には少なくとも20年かかるという。大聖堂の損傷した物の一部には、12世紀から存在するパイプを持つ主要なオルガン、大きな絵、中央にある祭壇がある。

修復プロジェクトを指揮している人々の中には、セジウィックの美術品のディレクターであるマイケル・オノレ氏がいる。彼はさまざまなアート媒体の専門家30人のチームを指揮することになる。オノレ氏によると、大聖堂の多くの貴重品は無事だが、水や煙が多くの美術品に損傷を与えた。それらは専門家によって慎重に修復されなければならない。ありがたいことに、イエス・キリストの「イバラの冠」は火災で損傷を受けなかった。

マイケル・オレノ氏のような人々はノートルダム大聖堂を火災の前の状態に戻すために、何カ月も、ひょっとしたら何年も必死に働く必要がある。

Comments

comments

ポッドキャストの続きは で!

月額980円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。