英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

本年も「Appleポッドキャスト ベストオブ2018」
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

マクドナルド、「ビッグマック」商標権喪失 McDonald’s loses ‘Big Mac’ trademark

今回の記事は「マクドナルド、「ビッグマック」商標権喪失」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Last year, Ambrosia conducted a clinical trial on 81 participants to test its claim. The company claims that the results are positive.


昨年、Ambrosiaはその効果をテストするために81人の参加者に臨床試験を行った。同社は効果があったと主張している。


 ボキャブラリー

rulingnoun判決。裁判官、レフェリーなどによってなされる公式決定
genuineadj
lodgeverb申し立てる。関係当局に訴状を正式に提出する
productnoun製品。企業が販売する商品またはサービス
similaritynoun

 日本語訳

米マクドナルドは、欧州連合(EU)域内で「ビッグマック」商標権を喪失した。この判決は、欧州の規定当局(欧州連合知的財産庁(EUIPO))の決定によるもので、アイルランドを拠点とするファストフードチェーンのスーパーマックスの申し立てを認める判断を下した。

スーパーマックスは世界最大のファストフードチェーンであるマクドナルドの商標登録を取り消した。2017年に提訴される前の5年間、マクドナルドは商標を純粋な目的で使用していることを立証できなかったと指摘した。この判決により、EU域内で、他の企業もマクドナルドと同様に「ビッグマック」という名称を使用することが可能になった。

スーパーマックスは、イギリスとヨーロッパで拡大していくと述べた。スーパーマックスによると、同社は「ビッグマック」と呼ばれる商品を持っていないが、マクドナルドは2つの名称の類似点を利用して、スーパーマックスの事業展開を阻止した。創設者のPat McDonagh氏は、「これは一般的なビジネスにとって大きな勝利です。大企業が商標を使用しないにも関わらず、軒並み商標登録をするという行為を許可しないことは、『商標によるいじめ』を防げます」と述べた。

 参考動画

ビックマックファンにこの動画を送ります

Comments

comments

ポッドキャストの続きは で!

月額980円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。