英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  マットBlog

go-to

昨日の課題に China's era as the world's go-to provider of inexpensive labor may be drawing to a close. という一文がありました。 設問にもなっていましたが、はてgo-toという形容詞はどのような意味なんだろうと思いました。 「inexpensive labor(低賃金労働者)がそろそろ終焉に近づきつつある」 そして問題の the world's go-to provider こう見てみるとどうやらプラスかマイナスかというと go-toはプラスの意味を持っていることが文章から読み取れます。 世界的に〇〇な低賃金労働力の提供者(国)なのですから、「主力」なり「有数の」というニュアンスの言葉が入りそうなところです。 答えを見てみると、go-to は大黒柱とか頼りになる、そんな意味を持っているとのこと。 He is a go-to guy!  (頼りになる奴) のように使うのでしょう。 【余談】 英語ではgoを組み合わせたものが沢山ありますね。 例えば、go for broke (当たって砕けろ!)というイディオム。 brokeが一文無しという意味なので、「全財産を投じて何かをやり遂げる!」つまり当たって砕けろ!という 意味合いになるわけです。 余談ながら。