英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

ジャンボにとっての2回戦となるか Jumbos have a second inning

今回の記事は「ジャンボにとっての2回戦となるか」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Airlines can use economies of scale with bigger planes.


航空会社は、より大きな飛行機でスケールメリットを生かすことができる。


 ボキャブラリー

leaseverb(物件を)(…に/…から)賃貸[賃借]する
infectionnoun感染;バクテリア、ウイルス、寄生虫などの微生物の侵入または繁殖
fleetnoun保有車両;航空機、船、トラック、車などの一群
compriseverbから成る
last hurrahnoun有終の美

 日本語訳

コビド19を乗り越えた世界では、人々はよりアクティブになっている。航空業界も例外ではない。

しかし、ほとんどの航空会社では、ビジネスクラスやファーストクラスの座席が足りないのが実情である。なぜなら、次世代低燃費機の製造が追いついていないからだ。

このような事情から、引退していたジャンボ機を再び運行させることにしたのである。ヨーロッパ、アジア、オーストラリアの大手航空会社は、夏の旅行シーズンが到来する前に、A340、A380、747の保有機を(退役から)復活させることを決定した。ルフトハンザは20年前のA340を使い、シンガポール航空はA380を大量に復活させる。これらの古い飛行機は、乗客、特に富裕層向けに、より多くの収入を見込んで、新しいシートとインテリアのリノベーションが施される。ファーストクラスの座席は航空会社に7,000ドルももたらすので、300人乗りのA340やより大きなA380にできるだけ多くのこれらの座席(富裕層向け)を置くことは理にかなっている。

ジャンボジェット機が復活したのだから、この 「空の巨人」だけを貸し出す会社があってもおかしくはない。たとえば英国では、ドーリック・ニムロッド・エアーがエミレーツ航空にA380をリースしている。

航空会社は、より大きな飛行機を使うことでスケールメリットを生かすことができる。一便の座席数が多いので、便数を増やす必要がなく、少ない人員でやりくりできる。

しかし、かつての英雄(ジャンボ)がいつまでも飛び続けることはできない。飛行機は4000機弱飛んでおり、4発機エンジンが占める割合はわずか6%である。ゆえに、今年のジャンボの復活はジャンボの最後の活躍(last hurrah)といえるかもしれない。遅延している次世代ワイドボディー機が届けば、オールディーズ(お年寄り=ジャンボ)は飛行機の駐車場(待機場所)に戻ってしまう運命なのだ。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。