英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

リバースギアを入れた中央銀行によるイージーマネーの終焉 End of easy money with central banks in reverse gear

今回の記事は「リバースギアを入れた中央銀行によるイージーマネーの終焉」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

If it continues to buy assets, the yen could fall more and prices rise.


日銀が資産を買い続ければ、円はさらに下落し、物価は上昇する可能性がある。


 ボキャブラリー

resurgentadj再起の、復帰の
quantitativeadj定量的な、量で量られる
disruptionnoun何か、特にシステム、プロセス、またはイベントが、通常通りまたは期待通りに継続することを妨げる行為
portfolionoun個人または銀行などの金融機関が保有する金融資産の一覧表
contrary toother~に反して

 日本語訳

最初のパンデミックの波から2021年までの間に、G7諸国はバランスシートに8兆ドルを追加し、そのうち2.8兆ドルは2021年にもたらされたものである。当時は「イージー・マネー」の時代で、各国政府は特別な支援策を配り、中央銀行は量的緩和策を講じて、低迷する経済の押上げを図った。しかし、戦争、中国でのロックダウン、インフレの危険性によって、すべてが変わってしまった。ブルームバーグ・エコノミクスによると、G7諸国のバランスシートは年末までに4100億ドル減少するという。

ウォールストリート・ジャーナルによると、FRBは9兆ドルのバランスシートを2017年よりも早く縮小させる可能性が高い。1年で、1兆ドルの経済的損失が発生する可能性がある。金利は2022年末までに250ベーシスポイント上昇すると予想される。

他の中央銀行も再投資していない。カナダ銀行は新規の資産購入をやめることを決め、2024年までに国債の保有額が40%減少すると予想している。BOEはすでに再投資を減らしており、5月に利上げを行う可能性が高い。ECBのポートフォリオも今後1年間で減少する可能性が高い。

世界的なトレンドに反して、日本銀行は資産買入を継続することを選択し、円は今年11%下落し、対ドルでは20年ぶりの安値となった。世界的なインフレ圧力は、日銀を箱の中に押し込めるかもしれない。日銀が資産を買い続ければ、円はさらに下落し、物価は上昇する可能性がある。

金融界にとっては正念場だ。今回は2017年とは異なり、ウクライナ危機によるサプライチェーンの混乱、インフレ率の上昇、中国での疫病の再流行などを理由に、他のいくつかの中央銀行が新規投資を見送ったのだ。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。