英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

戦争とインフレ:2つが出会う War and inflation: The twain shall meet

今回の記事は「戦争とインフレ:2つが出会う」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

More expensive goods and services lead to more highly priced wages, as seen in the US in the 1970s.


1970年代の米国で見られたように、高価な商品やサービスの増加は賃金の高騰につながる。


 ボキャブラリー

conjunctionnoun事象や条件が組み合わさる、あるいは一緒に起こる状況。
regardlessadvどんなことがあっても、欠点は気にしない。
subduedverb抑える、抑制する
hinderverb妨げる、妨害する、邪魔する
grimadj希望なき悩み。深刻な;厳しい、険しい

 日本語訳

インフレだ!この言葉自体も重苦しいが、ロシア・ウクライナ紛争と一緒にされると、不気味さが増す。この戦争はすでに世界中の経済に大きな影響を及ぼしており、中央銀行もその対応に苦慮している。

IMFのペチャ・コエバ・ブルックス副所長によると、世界的な供給ショックは、ロシアやウクライナだけでなく、世界中でインフレ圧力を引き起こしているという。パンデミックによる需給の不均衡が戦前から世界経済に支障をきたしているのだから、困ったものである。IMFはすでに世界の成長率を4.4%から3.6%に引き下げている。

中央銀行の主な仕事は、物価の上昇を抑制することである。インフレはほとんどすべての国を襲っているので、それは簡単なことではない。米国では3月に食料、住宅、ガソリンの価格が前年同月比で8.5%上昇した。ユーロ圏のインフレ率は7.5%に達し、インドや中国などでは食用油の価格が70%上昇した。ロシアではインフレ率が17%に達し、2000%に達する可能性もあるという。日本はありがたいことに、世界でも最も低いインフレ率(0.6%)だが、戦争が長引けばそれも変わるかもしれない。

1970年代の米国で見られたように、高価な商品やサービスの増加は賃金の高騰につながる。2022年にそれが繰り返されるのだろうか。

これについては、専門家の間でも意見が分かれています。つまり、人々はすでに物価上昇に慌てふためいており、さらに上昇すると予想しているのです。そうなると、予想されるインフレに追いつくために賃金要求が高まり、人件費が上昇し、その結果、その労働者が生産する商品やサービスの価格が上昇する可能性があります。他の研究によれば、労働者は1970年代のように高い賃金を獲得し達成する権利を持っていない。米国では長年にわたり、実質賃金がマイナスであった。

どうなるかは別として、世界のインフレは3年たっても沈静化しないかもしれない。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。