英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

これから!テスラ「マスタープラン 3」 Coming up: Tesla master plan part 3

今回の記事は「これから!テスラ「マスタープラン 3」」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

It is a humanoid robot designed to handle manual labor, and Musk says a prototype would be out by the end of 2022.


手作業をこなすために設計された人型ロボットで、マスク氏は2022年末までにプロトタイプを出すと述べています。


 ボキャブラリー

affordableadj手頃な
autonomousadj自主的な、自立した
teaseverbからかう、相手を笑う、相手に関することで冗談を言う
scale upphrasal verb~を率に応じて増やす *記事中ではing形で名詞として使われています。
unveilverb秘密などを明かす

 日本語訳

イーロン・マスクは今、何を考えているのか?

社名の由来となったニコラ・テスラと同じように、イーロン・マスクの頭の中では未来的な目標が生み出されています。2006年に発表されたテスラの最初のマスタープランでは、スポーツカーを製造する、手頃な価格の自動車を生産する、ゼロ・エミッションの発電オプションを提供する、という3つの目標が掲げられていました。その結果、10万9000ドルのロードスター(スポーツカー)、モデルSとモデル3(コンパクトセダン)、そしてテスラパワーウォールバッテリーが誕生したのです。2016年にはMaster Plan Part Deux(フランス語で「2」を意味する)を発表し 、ソーラールーフの設置や自律走行ソリューションの実装を掲げました。

テスラがこれらの目標の遂行に現在進行形で取り組んでいる中、イーロン・マスクは、自身のマスタープランの第三段階について一連のツイートを投稿し、テック業界をからかっています。3月17日、彼はまず「マスタープラン第三弾に取り組んでいる」と述べ、人類に役立つ製品やサービスを作るという考えを打ち出しました。それから4日後、人類が化学燃料から脱却するためにテスラの主要事業を「最大級に」拡大する、AI事業に力を入れる、という2点を発表しました。

テスラにとって、事業を拡大することは目新しいことではありません。なにしろ同社はすでに、2030年までにフォルクスワーゲンやトヨタといった自動車メーカーの生産台数の2倍に及ぶ年間2000万台の自動車を量産すると発表しているのです。何より、マスタープラン第三弾が推すAI事業は本当にエキサイティングなものです。2021年に初公開された「Teslabot(通称:Optimus)」も含まれています。手作業をこなすために設計された人型ロボットで、マスク氏は2022年末までにプロトタイプを出すと述べています。

あまりに背伸びした主張、と言えるかもしれません。しかし、世界一のお金持ちが言っているとなれば、ある程度納得がいくというものです。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。