英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

2022年アカデミー賞 受賞の先にあるもの 2022 Oscars: A look beyond the awards

今回の記事は「2022年アカデミー賞 受賞の先にあるもの」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

With an Oscar, they enter an exclusive club and earn a premium from filmmakers.


オスカーを手にした彼らは、一流の仲間入りをし、映画製作者からプレミアム(割増金)を得ることができるのです。


 ボキャブラリー

nomineenoun推薦された者、候補に指名された人、任命
disagreementnoun意見の不一致、相違
analyzeverb(理解を深めるために詳細に調べて)分析する
premiumnoun割増金 (通常の価格・料金・費用に加算される)
glorynoun栄光、名誉、誇り

 日本語訳

(先日)第94回アカデミー賞が終了しました。授賞式での騒動も終わり、ウィル・スミスとクリス・ロックのスラップゲート(※)に関する噂もそろそろ幕を閉じそうです。賞とスキャンダルについてはすでに至る所で報道されているので、今回はオスカーイベントを左右する他の部分に焦点を当てたいと思います。

①成り立ち、②イベント運営、③予想される(今後の)影響の3つを分析してみましょう。お金とファイナンスがこの3要素には大きく関わっています。

はじめに、オスカーの夜は決して安価ではありません。アカデミー賞の年次財務報告書によると、金メッキの像からレッドカーペット、候補者全員への福袋・グッディバッグ(一袋14万ドル相当)まで、授賞式自体に2,000万ドル以上の費用がかかるとされています。さらに、候補者のランチ代、ガバナーズ生涯功労賞、授賞式後のガバナーズボールなど、関連イベントに2,000万〜2,400万ドルが費やされています。

テレビ放映権やチケットの売り上げから、アカデミー賞は約1億2,000万ドルの利益を得ています。放送局は、30秒のコマーシャルパッケージから利益を得ており、そのコストは1本あたり約200万ドルです。ディズニー傘下のABCは、60の枠をすべて売っており、その収益は単純に計算できると思います。

受賞者の栄光の瞬間は、授賞式で終わるのではなく、むしろそこから始まるのです。トロフィーだけで、賞金は用意されていませんが、次の仕事で十分にお金を稼ぐことができるのです。オスカーを手にした彼らは、一流の仲間入りをし、映画製作者からプレミアム(割増金)を得ることができるのです。

明らかに、2022年のアカデミー賞は、他の年と同様に、経済的な足跡を残していると言えます。
話は変わりますが、今年の作品賞は「CODA」、演技賞はウィル・スミスとジェシカ・チャステインに与えられました。もちろん、当夜の事の詳細は他の記事をお読みいただき、ご確認ください。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。