英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

ニューヨーク、配達業者を支援 New York helps the delivery agents

今回の記事は「ニューヨーク、配達業者を支援」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

The city of Chicago sued DoorDash and Grubhub for allegedly applying unfair business practices and deceiving customers.


シカゴ市は、DoorDashとGrubhubを、不公正なビジネス慣行を適用して顧客を欺いた疑いで提訴しました。


 ボキャブラリー

circumstancenoun情勢、事情。状況に影響を及ぼすある状態、またはある事実
thriveverb繁栄する。成長または発展して成功すること
dubiousadjあいまいな。疑わしい、はっきりしない、成功しそうにない
backlashnoun激しい反発。非常に不利または否定的な反応
sueverb訴訟を起こす。人や企業に対して訴訟手続を行うこと

 日本語訳

今の世界の誰もがそうであるように、あなたも、進行中の世界的な状況のために、外食する代わりに家で食べ物を注文しただろう。そのため食品配達会社は繁栄しているが、会社の方針が疑わしいため、あなたのお気に入りの食事を配達する配達業者は、公正に補償されていない可能性がある。しかし、少なくともニューヨーク市では、立法者が配達業者の労働条件を改善することを可能にしたので、彼らは今では喜ぶことができる。

最近、「ビッグアップル」で複数の法案が可決され、パンデミックの際に最近反発を受けた問題の業界を規制する法律を可決した最初の都市になった。Grubhub、DoorDash、Uber Eatsなどの企業で働く配達業者は、他のさまざまなメリットとともに最低賃金を得ることができる。

運転手は旅行ごとに最大距離を設定でき、配達会社は少なくとも週に1回は賃金を支払う必要がある。会社は彼らが得ている金額を開示しない限りチップを受け入れることができず、さらに チップを含む彼らが得る総報酬について、会社は毎日労働者に通知する必要がある。

CNBCによると、Grubhubは変更をサポートすることに同意した。ただし、企業や都市は、前述のいくつかのルールで意見の不一致が頻繁に発生しているようである。シカゴ市は、不公正な商慣行を適用し、顧客をだましているとして、DoorDashとGrubhubを訴えた。反対に、Uber、DoorDash、Grubhubは、会社がレストランに請求できる金額を制限する法案をめぐってニューヨーク市を訴えた。

SOURCE: CBS News via YouTube

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。