英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

批判に直面するGopuff Gopuff faces criticism

今回の記事は「批判に直面するGopuff」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

It seems Gopuff’s 30-minutes delivery model is adding to those problems.


Gopuffの30分デリバリーモデルは、それらの問題に拍車をかけているようです。


 ボキャブラリー

promisingadj見込みのある、期待できる
gignoun(一時的な)仕事。仕事
fulfillment centernounフルフィルメントセンター、通信販売で注文を受けた商品の発送センター。商品が保管され、梱包され、注文した顧客に送られる場所
flexibilitynoun柔軟性。適応する特性
spokespersonnounスポークスマン、代弁者。誰かを代表する人

 日本語訳

フィラデルフィアを拠点とする会社であるGopuffは、30分以内に商品を配達することを約束している。そのために、同社は大学の町や他の小さな町に450のマイクロフルフィルメントセンターを建設した。これらのセンターには、食品から医薬品まで、あらゆるものが保管されている。そのため、顧客が注文すると、運転手は最寄りのセンターから注文を受け取り、出かけて配達する。

これが配送事業の未来のようである。しかし、それは配達パートナーやギグワーカーの間で多くの問題を引き起こしている。懸念は主にギグワーカーへの賃金と手当に関連している。Gopuffは別のビジネスモデルに従っている。 しかし、ドライバーの賃金やその他の利益に関しては、オンデマンドビジネスのルールに従っている。ただし、他のオンデマンドビジネスでは、ギグワーカーを独立した請負業者と見なしているが、Gopuffとは異なる。

Gopuffでは、ドライバーには自由がない。彼らはフルフィルメントセンターのマネージャーによって管理されている。マネージャーは、ギグワーカーが注文を受け入れるかどうか、誰が仕事にとどまるかなど、何シフトするかを決定する。ギグワーカーは現在、賃金の柔軟性、独立性、透明性の向上を求めている。ギグ経済はすでに多くの問題に直面している。Gopuffの30分の配信モデルがこれらの問題に追加されているようである。

ビジネスが成長するにつれて、課題も大きくなる。Gopuffのスポークスマンは、配送パートナーとのコミュニケーションを改善する必要があることを知っていると述べた。同社はコミュニケーションを円滑にするためにあらゆることを行うつもりだ。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。