英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

「誤解を招く」ツイートを報告するパイロットテスト Pilot test to report ‘misleading’ tweets

今回の記事は「「誤解を招く」ツイートを報告するパイロットテスト」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

Being the giants that social media companies are, it should be their responsibility to tackle such issues.


ソーシャルメディア企業は巨大な存在であり、このような問題に取り組むことは彼らの責任であるはずです。

 ボキャブラリー

misleadingadj紛らわしい、人を惑わせる。誰かに何かを誤解させる
attemptnoun試み、企て。何かを達成しようとするための努力
reportverbリポート、報告する。個人または会社に苦情を申し立てる
misinformationnoun間違った情報。正しくない、または正確でないデータまたは事実
tackleverbに取り組む。問題に対処するために組織化され確立された試みをすること

 日本語訳

ツイッターは、少数のユーザーがツイートを誤解を招くものとして報告することを許可している。ソーシャルメディアプラットフォームが虚偽のニュースを広める罪を犯していることは誰もが知っている。これは、そのイメージを修正する試みである。「誤解を招く」という名前の新機能で、ユーザーはツイートを報告できるようになった。現在のところ、このオプションは、米国、韓国、オーストラリアの少数のツイッターユーザーを対象としている。

この機能は限られた人しか利用できないため、大きな変更はない可能性がある。また、それは即時の変更を意味するものでもない。同社は、ツイートに対して行動を起こすことも、すべての報告に応答することもできないことを明らかにした。このテストは、この機能をさらに開発する方法を会社が理解するのに役立つことを目的としている。それは彼らが傾向を理解し、誤った情報を抑制する最善の方法を知るのに役立つ。

小さな一歩だが、正しい方向に進んでいるようである。このテストが成功すれば、ツイッターはデジタルの誤報をチェックできるようになるはずである。ツイッターはフェイスブックの道をたどっているようで、ユーザーは政治、健康、社会問題に関する誤解を招くような投稿を報告することができる。

ツイッターは、コミュニティベースのアプローチに従って誤った情報を管理している。また、ユーザーがツイートに対してメモを書くことができる「Birdwatch」もリリースした。この機能も現在テスト段階にある。

大手ソーシャルメディア企業であるため、そのような問題に取り組むのは彼らの責任であるはずだ。ただし、あらゆる措置は歓迎される。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。