英語力と世界のトレンドを同時にキャッチ!!

2019年も「Appleポッドキャスト 2019年必聴Podcast作品」NEW!!
に「マット竹内の1日5分ビジネス英語」が選出されました!
  1日5分ビジネス英語

最大の暗号通貨強盗 The biggest cryptocurrency heist

今回の記事は「最大の暗号通貨強盗」という内容です。さていったいどのような内容なのでしょうか。

今回のポッドキャストです。お聴き下さい。

 本日のSentence

He takes responsibility for the attack without revealing himself.

彼(攻撃者)は身元を明らかにすることなく攻撃の責任が自分にあることを認めている。

 ボキャブラリー

decentralizedadj分散型。1つの中央の場所から制御されていない組織またはその活動
challengenoun課題。難しい仕事または問題、行うことが難しいこと
sympathizeverb同感する、同意する。思いやりを感じたり表現したりする
cooperateverb協力する。共通の目的または目的に向けて協力または行動する
blacklistverbブラックリストに載せる。承認されていない人または組織の一覧に加える

 日本語訳

何度も、私たちは暗号通貨の傾向とそれがビジネスに組み込まれた新しい方法をカバーしてきた。ただし、今回は、分散型金融プラットフォームであるポリネットワークから6億ドル相当の暗号が盗まれた、歴史上最大の暗号通貨の盗難について説明する。

CNNは、ポリネットワークのインフラストラクチャの弱い部分がこの盗難の理由の背景にあると述べている。同社は現在、攻撃者にお金を返すように促している。ポリネットワークはツイートで、攻撃者に、資産を盗んだ暗号マイナーに同情し、解決策を見つけるために協力する必要があることを求めた。

ポリネットワークはまた、暗号通貨エコシステム(関係者)のメンバーに、攻撃者が資金を盗むために使用したアドレスからの資産をブラックリストに登録するように依頼した。暗号業界のすべての企業は、同様の攻撃の犠牲者になる脅威にさらされている。そのため、影響を受ける他の企業を支援しながらセキュリティを強化している。

ポリネットワークはまた、攻撃者がお金を返すことができると同社が確信しているいくつかのアドレスを提示していた。興味深いことに、ハッカーは協力した。8月11日の午前中に、ポリネットワークは470万ドルを受け取った。その日の正午までに、同社は、より多くのお金、約2億6100万ドルを受け取った。

ブロックチェーンフォレンジック会社Chainalysisは、攻撃者が「楽しみのために」ポリネットワークをハッキングしたと主張し、攻撃を挑戦として追求したと述べた。攻撃者は身元を明らかにすることなく攻撃の責任が自分にあることを認めている。

ポッドキャストの続きは で!

月額1,000円〜 スマホで手軽に始めるビジネス英語学習

「マット竹内の1日5分ビジネス英語」ポッドキャストの英文記事スクリプトは、WISDOM SQUARE で提供のサービス 1日10分ビジネス英語 で配信されています。

1日10分ビジネス英語なら、ポッドキャストの英文記事スクリプトに加えて、内容理解クイズ、クイズランキングなどのコンテンツも充実しているので、ポッドキャストの内容の理解がさらに深まると同時に楽しく英語学習を進めていただくことができます。ポッドキャストから1歩進んだ英語学習をしたい方におすすめです。

1日10分ビジネス英語はスマートフォンでご利用いただけます。初回1ヶ月は無料でお試しが可能です!※1

是非この機会に1日10分ビジネス英語 をお試し下さい。

今すぐ無料お試しを申し込む 

※1 初めてご利用の方、1回限りとなります。